会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

重症三尖頭弁逆流症の自然経過。薬物療法と比較した経カテーテル三尖弁介入後の転帰 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Cardiol..2020 Jul;S0167-5273(20)33466-5. doi: 10.1016/j.ijcard.2020.07.018.Epub 2020-07-16.

重症三尖頭弁逆流症の自然経過。薬物療法と比較した経カテーテル三尖弁介入後の転帰

Natural history of severe tricuspid regurgitation: Outcomes after transcatheter tricuspid valve intervention compared to medical therapy.

  • Sean Cai
  • Nicolas Bowers
  • Arjan Dhoot
  • Edwin C Ho
  • Geraldine Ong
  • Janine Eckstein
  • Jeremy Edwards
  • Neil Fam
  • Kim Connelly
PMID: 32682962 DOI: 10.1016/j.ijcard.2020.07.018.

抄録

AIMS:

ガイドライン指示医療療法(GDMT)と比較して,経カテーテル三尖弁インターベンション(TTVI)を受けた重症三尖弁逆流症(TR)患者の臨床的特徴を明らかにし,アウトカムを検討することを目的とした.

AIMS: We aimed to identify the clinical characteristics and examine outcomes in patients with significant tricuspid regurgitation (TR) who received transcatheter tricuspid valve intervention (TTVI) compared with guideline directed medical therapy (GDMT).

方法と結果:

2015年から2019年の間に、St.Michael's Hospitalで症状のある重症TR患者124例が評価された。71人の患者は不適格でGDMTのみを受けたが、53人の患者はTTVIとGDMTを受けた。フォローアップ期間中、TTVIはNYHA機能クラスと6分歩行距離の有意な改善と関連していた(p<.001)。GDMTを受けた患者は、生存率(46.9%対75.1%、p=.047)が低く、心不全入院(HHF)からの自由度と死亡率(33.2%対62.7%、p=.027)が低く、100人年あたりの消化管出血の発生率が高かった[15.58(95%CI 8.90-25.31)対4.24(95%CI 0.85-12.37)、p=0.04]および急性腎障害[36.98(95%CI 26.17-50.76)対14.12(95%CI 6.76-25.96)、p=0.001]がTTVI患者と比較して高かった。

METHODS AND RESULTS: Between 2015 and 2019, 124 patients with symptomatic severe TR were assessed at St. Michael's Hospital. Seventy-one patients were ineligible and received GDMT only while 53 patients received TTVI and GDMT. During follow-up, TTVI was associated with significant improvements in NYHA functional class and 6-min walk distance (p < .001). GDMT patients had lower survival (46.9% vs 75.1%, p = .047) and lower freedom from heart failure hospitalization (HHF) and mortality (33.2% vs 62.7%, p = .027), higher incidences per 100 person-year of gastrointestinal bleeding [15.58 (95% CI 8.90-25.31) vs 4.24 (95% CI 0.85-12.37), p = .04] and acute kidney injury [36.98 (95% CI 26.17-50.76) vs 14.12 (95% CI 6.76-25.96), p = .001] compared with TTVI patients.

結論:

GDMTに加えてTTVIはTRの症状、機能状態の改善に有効であり、HHFと死亡の複合エンドポイントである全死亡率、AKIとGI出血の減少と関連していた。今後、TTVIに関する無作為化比較試験が必要である。

CONCLUSION: TTVI in addition to GDMT was effective at improving TR symptoms, functional status, and was associated with lower rates of all-cause mortality, the combined endpoint of HHF and mortality, AKI and GI bleeding. Future randomized controlled trials on TTVI are needed.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.