会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

持続性心房細動患者におけるカテーテルアブレーション後の腎機能と内皮機能の改善 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Cardiol.2020 Jul;S0914-5087(20)30224-0. doi: 10.1016/j.jjcc.2020.07.002.Epub 2020-07-15.

持続性心房細動患者におけるカテーテルアブレーション後の腎機能と内皮機能の改善

Improvement in renal and endothelial function after catheter ablation in patients with persistentatrial fibrillation.

  • Keisuke Okawa
  • Toru Miyoshi
  • Masahiro Sogo
  • Shohei Hara
  • Yuya Sudo
  • Satoko Ugawa
  • Masahiko Takahashi
  • Masayuki Doi
  • Hiroshi Morita
  • Hiroshi Ito
PMID: 32682629 DOI: 10.1016/j.jjcc.2020.07.002.

抄録

背景:

心房細動(AF)患者における心血管イベントは,カテーテルアブレーションによって低下する可能性がある。我々は、その根底にあるメカニズムは心房細動の負荷に応じた腎機能と内皮機能の改善であると仮定し、アブレーション後の洞調律(SR)の回復が心房細動の種類に応じてこれらの機能に影響を与えるかどうかを検討した。

BACKGROUND: Cardiovascular events in patients with atrial fibrillation (AF) can be lowered by catheter ablation. We hypothesized the underlying mechanism was improvement in renal and endothelial function corresponding to AF burden, and investigated whether restoration of sinus rhythm (SR) after ablation affected these functions according to AF type.

方法と結果:

心房細動患者358例を対象に、アブレーション前、6ヵ月後、12ヵ月後の推定糸球体濾過率(eGFR)、尿中アルブミン/クレアチニン比(UACR)、反応性充血指数(RHI)をプロスペクティブに測定した。発作性心房細動(PAF)、持続性心房細動(PeAF)、それぞれについて、これらのマーカーの変化と慢性腎臓病(CKD)の影響を評価した。eGFRおよび自然対数変換(ln)UACRは、PeAF群では6ヵ月後に改善し(それぞれ68.7±18.7~71.8±18.9mL/min/1.73m、p=0.003、3.1±1.6~2.8±1.5、p<0.001)、PAF群では変化なしであった。PeAF群では、心房細動の再発は41例で認められたが、一過性のものは38例であった。ベースラインでのPeAFはeGFRの増加[オッズ比(OR)=2.13、95%信頼区間(CI)1.35-3.40、p=0.001]とUACRの減少[OR=1.94、95%CI 1.05-3.58、p=0.033]を独立して予測した。CKDのPeAF患者では、アブレーション後6ヶ月目にln-RHIが有意に上昇し、ln-RHIの変化(Δ)はΔeGFRと有意に相関していた(r=0.35、p=0.03)。

METHODS AND RESULTS: We prospectively measured estimated glomerular filtration rate (eGFR), urinary albumin-to-creatinine ratio (UACR), and reactive hyperemia index (RHI) in 358 consecutive patients with AF before and 6 and 12 months after the ablation. For each AF type [paroxysmal AF (PAF), n = 229, and persistent AF (PeAF), n = 129], we evaluated changes in these markers and influence of chronic kidney disease (CKD). The eGFR and natural logarithm-transformed (ln) UACR improved at 6 months in the PeAF group (68.7 ± 18.7-71.8 ± 18.9 mL/min/1.73 m, p = 0.003 and 3.1±1.6 to 2.8±1.5, p < 0.001, respectively) and remained unchanged in the PAF group. Among the PeAF patients, recurrent AF was identified in 41, but only transiently in 38 patients. PeAF at baseline independently predicted increased eGFR [odds ratio (OR)=2.13, 95 % confidence interval (CI) 1.35-3.40, p = 0.001] and decreased UACR (OR=1.94, 95 % CI 1.05-3.58, p = 0.033). In the PeAF patients with CKD, ln-RHI significantly increased at 6 months after the ablation, and the change (Δ) in ln-RHI was significantly correlated with the ΔeGFR (r=0.35, p = 0.03).

結論:

アブレーション後のSRの回復はPeAF患者ではeGFRとUACRの改善と関連していたが、PAF患者では改善していなかった。CKDを有するPeAF患者では、アブレーション後の内皮機能の改善は腎機能の改善と関連していた。

CONCLUSIONS: SR restoration after ablation was associated with an improved eGFR and UACR in PeAF patients, but not PAF patients. In PeAF patients with CKD, an improved endothelial function after ablation was associated with an improved renal function.

Copyright © 2020 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.