会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

血小板と凝固の相互作用 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Blood Rev..2020 Jul;:100733. S0268-960X(20)30083-7. doi: 10.1016/j.blre.2020.100733.Epub 2020-07-12.

血小板と凝固の相互作用

Interplay between platelets and coagulation.

  • Yaqiu Sang
  • Mark Roest
  • Bas de Laat
  • Philip G de Groot
  • Dana Huskens
PMID: 32682574 DOI: 10.1016/j.blre.2020.100733.

抄録

止血は、血管損傷部位での出血を止め、血栓形成を介して血管の完全性を維持する。この制御された生理的プロセスは、内皮細胞、血小板、von Willebrand因子、凝固因子の複雑な相互作用から成り立っている。止血は血管壁の損傷によって開始され、その後、露出した内皮下細胞外マトリックスへの血小板の急速な接着、活性化、凝集が行われる。同時に、凝固因子は活性化された血小板のプロコアグラント表面に凝集し、架橋されたフィブリンの網目を形成して血小板プラグを強固なものにする。血小板と凝固は相互に影響し合っており、血小板と凝固の相互作用のおかげで、2つのプロセスを別々に行うよりもはるかに効果的な止血が可能であることが強く示唆されています。血小板と凝固の相互作用が損なわれると出血性合併症を引き起こす可能性がある一方で、血小板と凝固の相互作用が過剰になると血栓症のリスクが高くなるため、臨床的にはこのことが重要である。このレビューでは、血小板、凝固因子、およびそれらの間の複雑な相互作用について詳細に議論する。

Haemostasis stops bleeding at the site of vascular injury and maintains the integrity of blood vessels through clot formation. This regulated physiological process consists of complex interactions between endothelial cells, platelets, von Willebrand factor and coagulation factors. Haemostasis is initiated by a damaged vessel wall, followed with a rapid adhesion, activation and aggregation of platelets to the exposed subendothelial extracellular matrix. At the same time, coagulation factors aggregate on the procoagulant surface of activated platelets to consolidate the platelet plug by forming a mesh of cross-linked fibrin. Platelets and coagulation mutually influence each other and there are strong indications that, thanks to the interplay between platelets and coagulation, haemostasis is far more effective than the two processes separately. Clinically this is relevant because impaired interaction between platelets and coagulation may result in bleeding complications, while excessive platelet-coagulation interaction induces a high thrombotic risk. In this review, platelets, coagulation factors and the complex interaction between them will be discussed in detail.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.