会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

切除不能な肝門部胆管癌に対する肝移植とネオアジュバント化学放射線療法の併用の適用性と結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cir Esp.2020 Jul;S0009-739X(20)30216-5. doi: 10.1016/j.ciresp.2020.06.009.Epub 2020-07-15.

切除不能な肝門部胆管癌に対する肝移植とネオアジュバント化学放射線療法の併用の適用性と結果

Applicability and results of liver transplant combined with neoadjuvant chemo-radiotherapy in the treatment of unresectable hilar cholangiocarcinoma.

  • Cristina Dopazo
  • L Lladó
  • C Fondevila
  • T Macarulla
  • B Navalpotro
  • E Ramos
  • J Fabregat
  • B Laquente
  • M Navasa
  • L Castells
  • I Bilbao
  • J C García Valdecasas
  • R Charco
PMID: 32682514 DOI: 10.1016/j.ciresp.2020.06.009.

抄録

背景:

2007年にスペインのカタルーニャ州で、切除不能な肝門部胆管癌(hCCA)患者に対して、ネオアジュバント化学放射線療法と肝移植(LT)を組み合わせた多施設共同プロトコールが開発された。

BACKGROUND: In 2007, a multicenter protocol was developed in Catalonia, Spain, combining neoadjuvant chemoradiotherapy and liver transplantation (LT) for those patients with unresectable hilar cholangiocarcinoma (hCCA).

AIM:

プロトコールに登録された患者に対して、intention-to-treatに基づいてネオアジュバント化学放射線療法とLTを併用した場合の有効性を分析すること。

AIM: To analyse the effectiveness of the neoadjuvant chemoradiotherapy and LT for those patients enrolled in the protocol based on intention-to-treat.

方法:

68歳以下の患者を対象とした多施設観察研究で、リンパ節転移を認めない切除不能な径3cm以下の孤立性腫瘍と診断された患者が含まれる。プロトコールは、高線量放射線(合計45Gy)とフルオロウラシル(5-FU)を放射線の最初の3日間は毎日ボーラスで投与し、その後移植まではカペシタビンを経口投与するというネオアジュバント療法の戦略に基づいていた。播種性疾患の証拠が見つからなかった場合、この患者はLTの待機リストに入れられた。

METHODS: Observational multicenter study which includes patients ≤ 68 years-old diagnosed with unresectable, solitary tumors ≤ 3 cm in radial diameter, without evidence of lymph node metastases. The protocol was based on a strategy of neoadjuvant therapy with high-dose radiation (45 Gy in total) plus intravenous fluorouracil (5-FU) given as a daily bolus for the first 3 days of radiation follow by oral capecitabine until transplantation. The patient was included in waiting list for LT if no evidence of disseminated disease was found.

結果:

2007年から2018年の間に、13例の患者が移植プロトコールに登録された。そのうち61%(8/13)の患者が移植された。待機リストに滞在した平均時間は122日(範囲5~192日)であった。治療意図生存率は1年後が69%、5年後が39%であった。移植後の全生存率は87%、5年後の再発率は62%と29%であった。

RESULTS: Between 2007 and 2018, 13 patients were enrolled in the transplant protocol. Of those, 61% (8/13) of the patients were transplanted. The average time spent on the waiting list was 122 days (range 5-192). Intent-to-treat survival was 69% and 39% at one and 5 years. Post-transplantation overall survival was 87% and 62% and 29% recurrence rate at 5 years.

結論:

我々のシリーズでは、ネオアジュバント化学放射線療法とLTプロトコルの適合性は61%であり、長期の全生存率を示しており、限局性結節陰性のhCCA患者では切除術の代替として検討すべきである。

CONCLUSION: The suitability of the neoadjuvant chemoradiotherapy and LT protocol was 61% in our series with long-term overall survival and should be considered as an alternative to resection for patients with localized node-negative hCCA.

Copyright © 2020 AEC. Publicado por Elsevier España, S.L.U. All rights reserved.