会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ブラジルの青少年におけるスマートフォン中毒尺度-短縮版(SAS-SV)の検証 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Addict Behav.2020 Jul;110:106540. S0306-4603(20)30670-5. doi: 10.1016/j.addbeh.2020.106540.Epub 2020-07-04.

ブラジルの青少年におけるスマートフォン中毒尺度-短縮版(SAS-SV)の検証

Validation of smartphone addiction scale - Short version (SAS-SV) in Brazilian adolescents.

  • André Luiz Monezi Andrade
  • Adriana Scatena
  • Gabriella Di Girolamo Martins
  • Bruno de Oliveira Pinheiro
  • Andressa Becker da Silva
  • Carla Cristina Enes
  • Wanderlei Abadio de Oliveira
  • Dai-Jin Kim
PMID: 32682269 DOI: 10.1016/j.addbeh.2020.106540.

抄録

本研究の目的は、スマートフォン中毒尺度(SAS-SV)の心理測定特性を以下のように分析することである。(i)異なる統計的手法を用いたSAS-SVの因子構造、(ii)収束の証拠、(iii)SAS-SVの時間的安定性、(iv)予測的SAS-SVの妥当性。本研究には合計451人の青年が参加しました(年齢M=13.1、SD=1.22)。社会統計学的質問票(スマートフォンの使用に関する認識を評価する項目を含む)、インターネット中毒テスト(IAT)、SAS-SVに記入しました。その結果、53.2%の人がスマートフォンの利用に問題があることがわかった。SAS-SVは良好な信頼性(α=0.81;ω=0.78)を示し、全項目を保持していた。ネットワーク分析の結果、離脱症状と予知症状を評価する項目が最もネットワークに影響を与えることが示された。クラス内相関係数は0.846であり、初回適用から20~30日後のSAS-SVの経時的安定性は良好であった。レシーバー操作特性(ROC)曲線分析では,SAS-SVの最良のカットオフは33点であった(AUC=0.739,感度=65.37%,特異度=72.26).また、本測定器は、スマートフォンの利用に関連する変数(スマートフォンの利用時間、メッセージの送受信回数、スマートフォンのチェック回数)と中程度の相関を示しました。これらのデータは、SAS-SVがブラジルの青年を対象とした信頼性の高い測定器である可能性を示しています。

The objectives of this study were to analyze the psychometric properties of the Smartphone Addiction Scale - Short Version (SAS-SV) as follows: (i) the factor structure of the SAS-SV using different statistical methods; (ii) the evidence of convergence; (iii) the temporal stability of the SAS-SV; and (iv) predictive SAS-SV validity. A total of 451 adolescents participated in this study (age M = 13.1; SD = 1.22) by completing a sociodemographic questionnaire (including items evaluating the perception of smartphone use), the Internet Addiction Test (IAT), and the SAS-SV. It was found that 53.2% demonstrated problematic smartphone use. The SAS-SV showed good reliability (α = 0.81; ω = 0.78), and all of its items were kept. The network analysis indicated that the items evaluating the withdrawal and preoccupation symptoms had the greatest influence on the network. The intraclass correlation coefficient was 0.846 and indicated good temporal stability of the SAS-SV 20-30 days after the first application. The receiver operating characteristic (ROC) curve analysis indicated 33 points as the best cutoff for the SAS-SV (AUC = 0.739; sensitivity = 65.37%; specificity = 72.26). The instrument also showed a moderate correlation with the variables related to smartphone use (time spent on smartphones, number of messages sent and received, and number of times the smartphone is checked). These data indicate that the SAS-SV may be a reliable instrument for use with Brazilian adolescents.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.