会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

下肢バイパスのための強化された回復プログラムの実施 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Vasc. Surg..2020 Jul;S0741-5214(20)31581-0. doi: 10.1016/j.jvs.2020.06.106.Epub 2020-07-15.

下肢バイパスのための強化された回復プログラムの実施

Implementation of an Enhanced Recovery Program for Lower Extremity Bypass.

  • Adam Witcher
  • John Axley
  • Zdenek Novak
  • Maria Laygo-Prickett
  • Meredith Guthrie
  • Anisa Xhaja
  • Daniel I Chu
  • S Danielle Brokus
  • Emily L Spangler
  • Marc A Passman
  • Katharine L McGinigle
  • Benjamin J Pearce
  • Ryne Schlitz
  • Roland T Short
  • Jeffrey W Simmons
  • Richard C Cross
  • Graeme E McFarland
  • Adam W Beck
PMID: 32682069 DOI: 10.1016/j.jvs.2020.06.106.

抄録

重要性:

強化回復プログラム(ERP)は、術後の転帰を改善し、入院期間を短縮するために、複数の外科領域で広く受け入れられている。しかし、既存の文献には血管系患者に対する情報は限られている。

IMPORTANCE: Enhanced Recovery Programs (ERP) have gained wide acceptance across multiple surgical disciplines to improve postoperative outcomes and decrease hospital length of stay. However, there is limited information in the existing literature for vascular patients.

目的:

我々は、下肢バイパス手術(LEB)のためのERPの実装、初期の結果、および実装への障壁について説明します。私たちの意図は、同様のERPの導入を支援するためのフレームワークを提供することです。

OBJECTIVE: We describe the implementation, early results, and barriers to implementation of an ERP for lower extremity bypass (LEB) surgery. Our intention is to provide a framework to assist with implementation of similar ERPs.

方法:

Plan-Do-Check-Adjustの方法論を用いて、集学的チームを編成した。データベースを使用して、患者、手順、ERP固有の指標に関する情報を収集しました。その後、患者の人口統計と転帰をレトロスペクティブに分析しました。

METHODS: Using the Plan-Do-Check Adjust methodology, a multidisciplinary team was assembled. A database was used to collect information on patient, procedure, and ERP specific metrics. We then retrospectively analyzed patient demographics and outcomes.

結果:

9ヶ月間で、ERP(n=57)が正常に開発され、術前、術中、術後のフェーズにまたがって実装されました。ERPと非ERPの患者の人口動態は統計学的に類似していた。初期の成功例としては、97%が腸骨筋膜ブロックを使用し、81%が多剤併用鎮痛剤を使用した。手術当日に動員を達成した患者は47%にとどまり、術前にセレコキシブを投与された患者は19%にとどまった。ERP患者では、非ERP患者(n=190)に比べて総LOSと術後LOSが減少し、総LOSは8.32日(8.4)対11.14日(10.1)、p=0.056、術後LOSは6.12日(6.02)対7.98日(7.52)、p=0.089となりました。術後LOSの観察値と期待値の間には有意な減少が認められた(1.28(0.66)対1.82(1.38)、p=0.005)。ERP患者の変動費と総費用は有意に減少した(13,208ドル(9,930ドル)対18,777ドル(19,118ドル)、p<0.01、総費用29,865ドル(22,110ドル)対40,328ドル(37,820ドル)、p=0.01)。

RESULTS: Over nine months, an ERP (n=57) was successfully developed and implemented spanning pre-operative, intra-operative, and post-operative phases. ERP and non-ERP patient demographics were statistically similar. Early successes include 97% utilization of fascia iliaca block and multimodal analgesia administration in 81%. Barriers included only 47% of patients achieving day of surgery mobilization and 19% receiving celecoxib pre-operatively. ERP patients had decreased total and postoperative LOS compared with non-ERP patients (n=190) with a mean (SD) total LOS of 8.32 (8.4) vs 11.14 (10.1) days, p=0.056 and 6.12 (6.02) vs 7.98 (7.52) days postoperative LOS, p=0.089. There was significant decrease in observed to expected post-operative LOS (1.28 (0.66) vs 1.82 (1.38), p=0.005). Variable and total cost for ERP patients was significantly reduced ($13,208 ($9,930) vs $18,777 ($19,118), p<0.01 and total cost $29,865 ($22,110) vs $40,328 ($37,820), p=0.01).

結論:

下肢バイパス手術のERPの導入を成功させるには、注目すべき課題がありますが、診療パターンに大きな影響を与える可能性があります。現在のプロトコルのさらなる調整が予想されるが、初期の結果は有望である。血管外科手術のERPを導入することで、変動費と総コストが削減され、総コストと術後LOSが減少しました。このプロトコルは他の医療機関でも簡単に導入できると考えています。

CONCLUSIONS: Successful implementation of ERP for LEB carries notable challenges but can significantly impact practice patterns. Further adjustment of our current protocol is anticipated, but early results are promising. Implementation of a vascular surgery ERP reduced variable and total costs, and decreased total and postoperative LOS. We believe this protocol can easily be implemented at other institutions using the pathway outlined.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.