会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

再発リスクの高い腹腔鏡下裂孔ヘルニア修復術と食道括約筋補強術(LINX)に対するfundic gastropexyの追加は、周術期の経過を変えることなく転帰を改善する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Surg Endosc.2020 Jul;10.1007/s00464-020-07789-w. doi: 10.1007/s00464-020-07789-w.Epub 2020-07-17.

再発リスクの高い腹腔鏡下裂孔ヘルニア修復術と食道括約筋補強術(LINX)に対するfundic gastropexyの追加は、周術期の経過を変えることなく転帰を改善する

Fundic gastropexy for high risk of recurrence laparoscopic hiatal hernia repair and esophageal sphincter augmentation (LINX) improves outcomes without altering perioperative course.

  • Robert Allman
  • James Speicher
  • Austin Rogers
  • Ethan Ledbetter
  • Aundrea Oliver
  • Mark Iannettoni
  • Carlos Anciano
PMID: 32681373 DOI: 10.1007/s00464-020-07789-w.

抄録

背景:

本研究の目的は、再発リスクの高い患者において、腹腔鏡下手術による裂孔ヘルニア修復術(HHR)とLINX(Johnson and Johnson, New Brunswick, NJ)による磁気括約筋補強術(MSA)にファンディック胃ペキシーを追加することで、周術期の経過を変えることなく転帰が改善されることを示すことである。

BACKGROUND: The aim of this study is to show that the addition of a fundic gastropexy to a laparoscopic hiatal hernia repair (HHR) and magnetic sphincter augmentation (MSA) with LINX (Johnson and Johnson, New Brunswick, NJ) in patients with high risk for hiatal hernia recurrence improves outcomes without altering perioperative course.

方法:

磁気括約筋増大術による裂孔ヘルニア修復後の患者の転帰について、IRB承認の単一施設のレトロスペクティブレビューが行われた。データは電子カルテから取得し、REDCapデータベースに保存した。統計ソフトウェアを用いて、患者データを分析し、再発リスクの高い裂孔ヘルニア群(HRHR)と再発リスクの低い裂孔ヘルニア群(LRHR)に焦点を当てて、周術期および術後の経過の特定の変数を評価するために層別化した。HRHRHR群は胃ペキシーを投与され、以下の変数を用いて定義された:腹圧上昇の併存状態、胃ヘルニア>30%、最大硬膜横径>4cm、年齢70歳以上、裂孔・腹壁ヘルニア修復歴あり、BMI>34、体重の重い仕事・趣味、および/または緊急修復の有無。

METHODS: An IRB approved, single institution retrospective review of patient outcomes after hiatal hernia repair with magnetic sphincter augmentation was performed. Data were obtained from the electronic health record and stored in a REDCap database. Using statistical software, the patient data were analyzed and stratified to assess the specific variables of the perioperative and postoperative course focusing on the high risk of hiatal hernia recurrence group (HRHR) and low risk hiatal hernia of recurrence group (LRHR). The HRHR group received a gastropexy and were defined using the following variables: comorbid state increasing abdominal pressure, gastric herniation > 30%, maximum transverse crural diameter > 4 cm, age 70 years or older, previous hiatal or abdominal wall hernia repair, BMI > 34, heavy weight bearing job/hobby, and/or emergent repair.

結果:

磁気括約筋拡張術を用いた腹膜ヘルニア修復術は137例で実施された。HRHRHR群(N=86)とLRHR群(N=51)を比較したところ、急性ヘルニア再発、嚥下障害(p値=0.008)、術後EGD数(p値=0.005)にHRHRHR群との間に差が認められた。その他の観察された術後変数(在院期間、PPIの使用など)では、HRHR群とHRHRHR群の間に有意差は認められなかった。

RESULTS: Hiatal hernia repair with magnetic sphincter augmentation was performed on 137 patients. The HRHR group (N = 86) and the LRHR group (N = 51) were compared and there was a difference observed with acute hernia recurrence, dysphagia (p value = 0.008), and number of post-op EGDs (p value = 0.005) in favor of the HRHR group. Other postoperative variables observed (i.e., length of stay and PPI use) showed no significant difference between the two groups.

結論:

再発リスクが高いと考えられる患者に対するファンディック胃ペキシーは、我々の患者サンプルでは周術期の経過に変化を与えないようである。HRHRHR群では、術後のEGD、嚥下障害、再発傾向の低下に関して、入院期間は同じであり、術後の転帰も改善されている。

CONCLUSIONS: Fundic gastropexy for individuals who are considered high risk for recurrence does not appear to alter the perioperative course in our sample of patients. The HRHR group has the same length of stay experience and improved postoperative outcomes with reference to postoperative EGD, dysphagia and a decreasing trend in hiatal hernia recurrence.