会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)とビスフェノールAの複合作用が思春期雌ラットの甲状腺ホルモン恒常性に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Environ Sci Pollut Res Int.2020 Jul;10.1007/s11356-020-09949-w. doi: 10.1007/s11356-020-09949-w.Epub 2020-07-17.

フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)とビスフェノールAの複合作用が思春期雌ラットの甲状腺ホルモン恒常性に及ぼす影響

Combined effects of di (2-ethylhexyl) phthalate and bisphenol A on thyroid hormone homeostasis in adolescent female rats.

  • Xuan Zhang
  • Yuejiao Zhao
  • Cheng Cheng
  • Liuli Li
  • Mingyang Xiao
  • Guopei Zhang
  • Xiaobo Lu
PMID: 32681327 DOI: 10.1007/s11356-020-09949-w.

抄録

フタル酸塩とビスフェノールは、ヒトや動物の内分泌障害を引き起こす内分泌撹乱化学物質(EDC)の代表的な2つのクラスである。フタル酸塩とビスフェノールは甲状腺機能障害との関連が示唆されている。しかし、複合暴露の影響やその詳細なメカニズムはまだ十分に理解されていません。我々は、ジ(2-エチルヘキシル)フタル酸エステル(DEHP)とビスフェノールA(BPA)の思春期における甲状腺機能への複合的な影響を調査した。雌のSprague Dawleyラットを生後28日から70日までの間に、3×3因子設計に従って、DEHP(0, 150, 750mg/kg/日)とBPA(0, 20, 100mg/kg/日)の単独または併用暴露を行った。甲状腺重量は、最高用量のDEHPとBPAへの複合暴露後に減少し、甲状腺への悪影響を指摘した。さらに、DEHPは甲状腺の濾胞上皮細胞の数を増加させる可能性がある。また、DEHPとBPAとの併用は、血清中の甲状腺ホルモン(TT3、TT4など)のレベルを乱す可能性がありました。一方、本研究では、その可能性のあるメカニズムについても検討した。DEHPはエストロゲン受容体α(Esr1)を介したcAMP応答エレメント結合タンパク質(Creb)のリン酸化を誘導したが、BPAとの併用ではこのリン酸化は無効化された。以上のことから、DEHPとBPAの複合的な作用が甲状腺ホルモンの恒常性を阻害し、最終的には思春期の甲状腺の発達に影響を及ぼす可能性があることが示唆された。

Phthalates and bisphenols are two typical classes of endocrine-disrupting chemicals (EDCs) which cause endocrine disorder in humans and animals. Phthalates and bisphenols are suggested to be associated with thyroid dysfunction. However, the effects of combined exposure and the detailed mechanisms are yet poorly understood. We investigated the combined effects of di (2-ethylhexyl) phthalate (DEHP) and bisphenol A (BPA) on thyroid function during puberty. Female Sprague Dawley rats were gavaged from postnatal 28 to 70 days with a single or combined exposure of DEHP (0, 150, and 750 mg/kg/day) and BPA (0, 20, and 100 mg/kg/day) according to a 3 × 3 factorial design. The thyroid weights reduced after combined exposure to the highest dose of DEHP and BPA, which noted their adverse effects on thyroid. Additionally, DEHP could increase the number of follicular epithelial cells in thyroid. Both DEHP and in combination with BPA could disturb the levels of thyroid hormones in serum, such as TT3 and TT4. Meanwhile, the possible mechanism was also discussed in the present study. DEHP treatment induced a significant increase of phosphorylation of cAMP-response element binding protein (Creb) via estrogen receptor α (Esr1), while the upregulation was nullified by the concomitant presence of BPA. In conclusion, the complex action of DEHP/BPA mixture may disturb the thyroid hormone homeostasis, which ultimately would affect the development of thyroid during puberty.