会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

スペイン・マドリードの健康な人口における孤独感の有病率とその生活習慣への影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2020 Jul;17(14). E5121. doi: 10.3390/ijerph17145121.Epub 2020-07-15.

スペイン・マドリードの健康な人口における孤独感の有病率とその生活習慣への影響

Prevalence Rates of Loneliness and Its Impact on Lifestyle in the Healthy Population of Madrid, Spain.

  • Daniel Cuesta-Lozano
  • Leticia Carmen Simón-López
  • Rubén Mirón-González
  • Montserrat García-Sastre
  • Daniel Bonito-Samino
  • Ángel L Asenjo-Esteve
PMID: 32679876 DOI: 10.3390/ijerph17145121.

抄録

背景:

スペイン人は、北欧諸国の市民よりも高いレベルの孤独感を示している。孤独感と罹患率や死亡率の増加を関連づけた研究は数多くあるが、孤独感と健康的なライフスタイルを関連づけた研究はほとんどない。本研究の目的は、アルカラ・デ・ヘナレス市(スペイン、マドリード)の様々な年齢・性別グループにおける望まない孤独感を特定し、食事と運動の分野における生活習慣を明らかにし、生活習慣と認知された孤独感との関連を検討することである。

BACKGROUND: The Spanish population presents higher levels of loneliness than citizens of countries in Northern Europe. Numerous studies have linked loneliness to increased morbidity and mortality, but very few studies have associated loneliness with healthy lifestyles. The objectives of this research are to identify the feeling of unwanted loneliness in various age and gender groups in the city of Alcalá de Henares (Madrid, Spain), to determine lifestyle habits in the areas of diet and physical exercise, and to examine the association between lifestyle habits and perceived loneliness.

方法:

一般人口(N = 198,945)のサンプル(= 611)における男性(59.06%)と女性(60.06%)の孤独感に関する横断的、観察的、分析的研究が、健康調査の無作為割り付けによって実施されました。データはアドホック質問票を用いて収集した。データは、IBM SSPS v.25 ソフトウェアパッケージを用いて層別化し、分析した。

METHODS: A cross-sectional, observational and analytical study on the perception of loneliness among men (59.06%) and women (60.06%) in a sample ( = 611) of the general population (N = 198,945), by means of random assignment of a health survey, was conducted. The data were collected using an ad hoc questionnaire. The data were stratified and analyzed with the IBM SSPS v.25 software package.

結果:

孤独感の頻度を性・年齢別に層別化し、食事や運動などの健康的な生活習慣を分析した。

RESULTS: The frequency of loneliness is stratified by sex and age, and healthy lifestyle habits in terms of diet and physical exercise are analyzed.

結論:

孤独感を知覚している人は、生活習慣が悪いわけではありません。しかし、他の人と一緒に暮らしている女性は、一人暮らしの人よりも孤独感の知覚が高い。具体的には、若年成人女性の孤独感は、適度な運動量が少ないことを示唆していると考えられる。

CONCLUSIONS: People with perceived loneliness do not have worse lifestyle habits. However, women living with other people have a higher perception of loneliness than those living alone. Specifically, the perception of loneliness in young adult women could suggest a low level of moderate physical exercise.