国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

純粋な腹腔鏡下ドナー肝切除術 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Liver Transpl..2020 Jul;doi: 10.1002/lt.25848.Epub 2020-07-17.

純粋な腹腔鏡下ドナー肝切除術

Pure laparoscopic donor hepatectomy.

  • Suk Kyun Hong
  • Gyu-Seong Choi
  • Jaryung Han
  • Hwui-Dong Cho
  • Jong Man Kim
  • Young Seok Han
  • Jai Young Cho
  • Choon Hyuck David Kwon
  • Ki-Hun Kim
  • Kwang-Woong Lee
  • Ho-Seong Han
  • Kyung-Suk Suh
PMID: 32679612 DOI: 10.1002/lt.25848.

抄録

背景:

最近の国際コンセンサス会議によると,純腹腔鏡下ドナー肝切除術(PLDH),特に右・左肝切除術は,研究が限られているため,まだ標準的な術式とは考えられていない。そこで本研究では、500例以上のPLDH症例(主に右肝切除術)の予後を報告する。我々の知る限りでは、これはPLDHに関する今日までの最大の研究である。

BACKGROUND: According to recent international consensus conferences, pure laparoscopic donor hepatectomy (PLDH), particularly right and left hepatectomies, is not yet considered a standard practice as studies remain limited. Thus, we present the outcomes of more than 500 PLDH cases, mostly of right hepatectomy. To our knowledge, this is the largest study to date on PLDH.

METHODS:

2018年6月までに韓国の5施設でPLDHを受けた全生肝ドナーのデータをレトロスペクティブに解析した。ドナーとレシピエントの両方の転帰が含まれていた。ピアソン相関分析を用いて、各センターでの手術期間と累積経験との関係を探り、学習曲線を反映した。

METHODS: Data from all live liver donors who underwent PLDH at five centers in Korea until June 2018 were retrospectively analyzed. The outcomes of both donor and recipient were included. Pearson correlation analysis was used to explore the relationship between the duration of surgery and cumulative experience at each center, which reflects the learning curve.

結果:

全体では、右肝切除術481例、左肝切除術25例、左側方切除術(LLS)39例を含む511例のPLDHが解析された。開腹転換が必要なドナーは10例(1.8%)であり、死亡または不可逆的な障害を経験したドナーはいなかった。特筆すべきは、重篤な合併症が25例(4.6%)あったことである(Clavien-DindoグレードIIIよりも高い)。症例数の蓄積に伴って手術期間が統計的に有意に減少した施設は1施設のみであった。レシピエントの転帰については、初期の大合併症が130例(23.9%)、後期の大合併症が202例(37.1%)であった。

RESULTS: Overall, 511 PLDH cases were analyzed, including 481 right hepatectomies, 25 left hepatectomies, and 39 left lateral sectionectomies (LLS). The open conversion was necessary for 10 donors (1.8%), and none of the donors died or experienced irreversible disability. Notably, there were 25 cases (4.6%) of major complications (higher than Clavien-Dindo Grade III). Only one center showed a statistically significant decrease in surgery duration as the number of cases accumulated. Regarding recipient outcomes, there were 130 cases (23.9%) of early major complications and 202 cases (37.1%) of late major complications.

結論:

本研究では、経験豊富な5施設のドナーとそれに対応するレシピエント545例(右肝切除術481例、左肝切除術25例を含む)の術後早期および後期の転帰を示している。この結果は、これまでに報告された開放ドナー肝切除術シリーズと同等であるが、PLDHを新たな標準診療とみなすためにはさらなる研究が必要である。

CONCLUSION: This study shows the early and late postoperative outcomes of 545 donors and corresponding recipients, including 481 right hepatectomies and 25 left hepatectomies, from five experienced centers. Although the results are comparable to those of previously reported open donor hepatectomy series, further studies are needed to consider PLDH a new standard practice.

This article is protected by copyright. All rights reserved.