国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

看護学部生のソーシャルメディア利用を通じた看護の専門的アイデンティティの採用。質的記述的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nurse Educ Today.2020 Jun;92:104488. S0260-6917(19)31416-9. doi: 10.1016/j.nedt.2020.104488.Epub 2020-06-01.

看護学部生のソーシャルメディア利用を通じた看護の専門的アイデンティティの採用。質的記述的研究

Undergraduate nursing students' adoption of the professional identity of nursing through social media use: A qualitative descriptive study.

  • Muna Alharbi
  • Lisa Kuhn
  • Julia Morphet
PMID: 32679508 DOI: 10.1016/j.nedt.2020.104488.

抄録

背景:

これまでの研究では、学生の社会化プロセスや専門職としてのアイデンティティの発達に影響を与える臨床実習などの看護コースの構成要素を取り上げてきましたが、今回の研究では、学生の社会化プロセスや専門職としてのアイデンティティの発達にソーシャルメディアの利用が影響を与えることを明らかにしました。ソーシャルメディアは、看護の専門的アイデンティティの発達への影響という点では、まだ掘り下げて検討されていない重要な要素であり、学部看護師の発達に関する私たちの知識と理解の大きなギャップとなっています。

BACKGROUND: Previous research has addressed nursing course components such as clinical placements that affect students' socialisation processes and the development of their professional identities. Social media is an increasingly important factor that has not yet been explored in-depth in terms of its influence on the development of the professional identity of nursing and is a major gap in our knowledge and understanding of undergraduate nurses' development.

目的:

学部看護学生の専門的アイデンティティの発達に対するソーシャルメディア利用の影響を理解する。

OBJECTIVE: To understand the influence of social media usage on the development of undergraduate nursing students' professional identity.

デザイン:

記述的質的研究。

DESIGN: Descriptive qualitative study.

設定:

サウジアラビアの2つの大学

SETTING: Two universities in Saudi Arabia.

参加者:

看護学部生16名。

PARTICIPANTS: Sixteen undergraduate nursing students.

方法:

2018 年 11 月から 2019 年 1 月までの間に、半構造化インタビューと音声録音インタビューを実施した。転記されたデータは、NVivo 12 を用いてテーマ別に分析した。

METHODS: Semi-structured and audio-recorded interviews were undertaken between November 2018 and January 2019. The transcribed data were thematically analysed using NVivo 12.

結果:

主に3つのテーマが浮かび上がった。ソーシャルメディアを通じて看護専門職のアイデンティティを学ぶこと、看護のアイデンティティを採用すること、そして学生がソーシャルメディアを通じて看護専門職のアイデンティティについての理解を共有することである。学生は看護専門職について学ぶためにソーシャルメディアを利用し、看護専門職への帰属意識を養っていた。また、学生は看護学生としての経験をソーシャルメディアで共有し、看護職の重要性に対する社会の理解を高めるためにもソーシャルメディアを利用していた。

RESULTS: Three main themes emerged: Learning about nursing professional identity through social media, adopting the identity of nursing, and students sharing their understanding of nursing professional identity via social media. Students used social media to learn about the nursing profession, and this helped them to develop a sense of belonging to the nursing profession. The students also used social media to share their experiences as nursing students and to enhance society's understanding of the importance of the nursing profession.

結論:

看護学部の学生は、社会化を通して専門家としてのアイデンティティを開発するように奨励されるべきである。ソーシャルメディアは、看護学生が看護コミュニティのメンバーとつながることで、看護学部生の社会化プロセスを促進することができます。

CONCLUSION: Undergraduate nursing students should be encouraged to develop their professional identity through socialisation. Social media can facilitate the socialisation process of undergraduate nursing students by connecting them with members of the nursing community.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.