国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

若年成人の電子タバコ使用。潜在クラス分析による共同使用とニコチン・ベイピングの相関関係の検討 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Addict Behav.2020 Jun;110:106528. S0306-4603(20)30658-4. doi: 10.1016/j.addbeh.2020.106528.Epub 2020-06-26.

若年成人の電子タバコ使用。潜在クラス分析による共同使用とニコチン・ベイピングの相関関係の検討

E-cigarette use among young adults: A latent class analysis examining co-use and correlates of nicotine vaping.

  • H Isabella Lanza
  • Gabriella Motlagh
  • Monica Orozco
PMID: 32679436 DOI: 10.1016/j.addbeh.2020.106528.

抄録

序論:

若年成人のかなりの割合が電子タバコの使用(ニコチン・ベイピング)を報告していますが、他の物質との共使用については、共使用を予測する相関関係を含めてほとんど知られていません。本研究では、大学生のサンプルを対象に、共起性物質の使用パターンを特定し、複数の相関関係を評価することを目的としています。

INTRODUCTION: Although a significant proportion of young adults report e-cigarette use (nicotine vaping), little is known about co-use with other substances, including correlates that predict co-use. The current study aimed to identify co-occurring substance use patterns and evaluate multiple correlates in a college student sample.

方法:

大規模な都市型大学の参加者435名(21.4±2.9歳、女性57%、ヒスパニック/ラティーナ/O型41%、アジア系アメリカ人/太平洋島民29%、白人/白人17%、多人種6%、アフリカ系アメリカ人/黒人5%)を対面で募集し、2018年秋と2019年春にオンライン調査に回答した。

METHODS: 435 participants (21.4 ± 2.9 years; 57% women; 41% Hispanic/Latina/o, 29% Asian-American/Pacific Islander, 17% Caucasian/White, 6% Multiracial, and 5% African-American/Black) from a large, urban university were recruited in-person and completed an online survey in the fall of 2018 and the spring of 2019.

結果:

潜在クラス分析(LCA)を用いて、4つの物質使用パターンを同定した。ビンジードリンカー(7%)、電子タバコユーザー(8%)、大麻ユーザー(14%)、低薬物ユーザー(71%)です。電子タバコユーザーは、中程度以上の使用(過去30日間で5日以上のニコチン使用)と、過去30日間のビンジードリンカーと大麻の使用を特徴としていました。逸脱した仲間との関係性(aOR=1.28[1.11-1.47], p<.01)、衝動性-計画性欠如(aOR=1.36[1.05-1.78], p<.05)、社会不安(aOR=0.94[0.88-0.99], p<.05)のレベルが高い場合、電子タバコユーザークラスへの加入が予測された。

RESULTS: Using latent class analysis (LCA), four substance use patterns were identified: Binge Drinkers (7%); e-cigarette Users (8%); Cannabis Users (14%); and Low Substance Users (71%). The e-cigarette Users class was characterized by moderate or greater use (>5 days of nicotine vaping in past 30-days) as well as past 30-day binge drinking and cannabis use. Higher levels of deviant peer affiliation (aOR = 1.28[1.11-1.47], p < .01), impulsivity-lack of premeditation (aOR = 1.36[1.05-1.78], p < .05), and lower levels of social anxiety (aOR = 0.94[0.88-0.99], p < .05), predicted membership in the e-cigarette Users class.

結論:

最も広まっている共起性物質の使用は、電子タバコユーザーのクラスで観察されました。中等度以上のレベルのニコチンベイピングを報告している若年成人は、最終的に劇症的な健康上の転帰のリスクを高める可能性のある乱飲みや大麻の使用に従事する傾向がありました。逸脱した仲間との関係性や衝動性(事前の計画性の欠如、ただし症状を内在化させない)は、電子タバコユーザークラスのメンバーになることを予測していました。

CONCLUSIONS: The most pervasive co-occurring substance use was observed among the e-cigarette Users class. Young adults reporting moderate or greater levels of nicotine vaping tended to engage in binge drinking and cannabis use, which may ultimately increase risk of deleterious health outcomes. Deviant peer affiliation and impulsivity-lack of premeditation (but not internalizing symptoms) predicted membership in the e-cigarette Users class; consequently, public health efforts may benefit from increased selectivity in targeting young adults for e-cigarette prevention and intervention services.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.