国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

生理学および病態生理におけるメラノコルチン受容体付属タンパク質(MRAPおよびMRAP2)の新たな役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gene.2020 Jul;:144949. S0378-1119(20)30618-1. doi: 10.1016/j.gene.2020.144949.Epub 2020-07-14.

生理学および病態生理におけるメラノコルチン受容体付属タンパク質(MRAPおよびMRAP2)の新たな役割

Emerging roles of melanocortin receptor accessory proteins (MRAP and MRAP2) in physiology and pathophysiology.

  • Nasrin N A Berruien
  • Caroline L Smith
PMID: 32679290 DOI: 10.1016/j.gene.2020.144949.

抄録

要約すると、MRAP の遺伝子変異は重度の家族性グルココルチコイド欠乏症と関連しているが、合成グルココルチコイドが ACTH と MRAP の発現をも破壊し、副腎の炎症を引き起こす可能性があるという証拠が出てきている。MRAP2遺伝子変異は重度の肥満と関連していますが、表現型はMC4R遺伝子変異で観察される表現型とは微妙に異なります。setmelanotideによって証明されているように、肥満を治療するためのメラノコルチン治療薬の開発に大きな関心があり、MRAP2の役割およびメラノコルチン受容体および他のGCPRの両方との相互作用を完全に理解することは、非常に価値のあることであろう。MRAP2ノックアウトモデルとトランスジェニックモデルの使用は、代謝調節、摂食行動、エネルギー恒常性における異なるMCとの相互作用の理解を助けてきた。MRAPは、MCの発現がない、または極端に低い領域で検出され、潜在的には非メラノコルチン受容体に結合する可能性があります。トランスジェニックモデルを用いた更なる研究や遺伝子変異体の研究から得られた知見により、MRAPの生理的プロセスについての更なる知見が得られる可能性があります。

In summary, genetic variants of MRAP are associated with severe familial glucocorticoid deficiency, however evidence is emerging that synthetic glucocorticoids may also disrupt ACTH and MRAP expression resulting in adrenal inflammation. MRAP2 genetic variants are associated with severe obesity but the phenotypes are subtly different to the phenotypes observed with MC4R genetic variants. There is a great deal of interest in the development of melanocortin therapeutics to treat obesity, as evidenced by setmelanotide, and fully understanding the role of MRAP2 and the interactions with both melanocortin receptors and other GCPR would be of great value. The use of the MRAP2 knockout and transgenic models have aided understanding of interactions with the different MCs in metabolic regulation, feeding behaviour and energy homeostasis. MRAP is detected in areas with absent or extremely low MC expression, potentially it also may bind to non-melanocortin receptors. Further studies with transgenic models and insights from studies of genetic variants may provide further insights into the MRAP physiological processes.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.