国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

病原体の干渉。細胞内微生物に取り組むためのウイルス性因子の標的化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cell Chem Biol.2020 Jul;27(7):765-767. S2451-9456(20)30240-3. doi: 10.1016/j.chembiol.2020.06.017.

病原体の干渉。細胞内微生物に取り組むためのウイルス性因子の標的化

Pathogen Interference: Targeting Virulence Factors to Tackle Intracellular Microbes.

  • Michael H Lee
  • Sean-Paul Nuccio
  • Manuela Raffatellu
PMID: 32679090 DOI: 10.1016/j.chembiol.2020.06.017.

抄録

サルモネラ菌の感染は、抗生物質治療の課題となっている。Cell Chemical Biologyの本号では、Tsaiらは、化学ゲノミクス手法を用いて、SsrA-SsrBとPmrB-PmrAの2成分系を標的とすることで、デホスタチンがサルモネラ菌の細胞内病原性のインビトロおよびインビボの阻害剤であることを明らかにしている。

Infections with Salmonella enterica pose a challenge for antibiotic treatment. In this issue of Cell Chemical Biology, Tsai et al. use a chemical genomics approach to identify dephostatin as an inhibitor of intracellular Salmonella virulence in vitro and in vivo by targeting the two-component systems SsrA-SsrB and PmrB-PmrA.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.