国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

慢性膵炎のための小児の全膵切除後の小児膵島自己移植のための自己膵島分離技術の個別化の進歩 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. J. Transplant..2020 Jul;doi: 10.1111/ajt.16211.Epub 2020-07-17.

慢性膵炎のための小児の全膵切除後の小児膵島自己移植のための自己膵島分離技術の個別化の進歩

Progress in Individualizing Autologous Islet Isolation Techniques for Pediatric Islet Autotransplantation After Total Pancreatectomy in Children for Chronic Pancreatitis.

  • J J Wilhelm
  • A N Balamurugan
  • M D Bellin
  • J S Hodges
  • J Diaz
  • S J Schwarzenberg
  • Z A Swanson
  • M E Cook
  • E M Downs
  • DER Sutherland
  • B J Hering
  • S Chinnakotla
PMID: 32678932 DOI: 10.1111/ajt.16211.

抄録

小児の慢性膵炎の治療には、膵島自己移植(TPIAT)を伴う全膵切除術が行われます。膵島の分離を成功させるには、重度の膵線維症とドナー年齢が若いという課題に対処しなければなりません。我々は、膵島分離中の膵臓の酵素的および機械的解離を最適化するための修正を漸進的に導入してきた。我々は、138人の小児における2つの膵島分離の指標を評価しました。1グラム膵組織あたりの消化膵島等価量(IEQ/gm)と1キログラム体重あたりの消化IEQ(IEQ/kg)を重回帰法を用いて、主要な疾患と患者の特徴を調整しました。消化時の膵島収量は平均4569 [SD 2949] IEQ/gmと4946 [4009] IEQ/kgで、59.1%が外分泌組織に埋め込まれていました。非常に低い収率(<2000 IEQ/gmまたはIEQ/kg)の症例は、時間の経過とともに大幅に減少しており、最も最近の三分位ではそれぞれ6.8%および9.1%であったのに対し、中位では19.2%および23.4%、最も古い三分位では34.1%および36.4%となっています。患者因子と疾患因子を調整したIEQ/gmとIEQ/kgは、現代では一貫性と収量が向上していた。消化中の機械的混乱を最小限に抑え、酵素コラゲナーゼ:NP活性比<10:1を用いた温熱酵素消化を行い、若年者や線維化した小児膵臓の膵島分離時には、拡張された膨らみとトリミング時間と相まって、患者の転帰を改善した膵島収量の増加が得られました。

Total pancreatectomy with islet autotransplantation (TPIAT) is performed to treat chronic pancreatitis in children. Successful islet isolation must address the challenges of severe pancreatic fibrosis and young donor age. We have progressively introduced modifications to optimize enzymatic and mechanical dissociation of the pancreas during islet isolation. We evaluated 2 islet isolation metrics in 138 children-digest islet equivalents per gram pancreas tissue (IEQ/gm) and digest IEQ per kilogram body weight (IEQ/kg), using multiple regression to adjust for key disease and patient features. Islet yield at digest had average 4569 [SD 2949] IEQ/gm and 4946 [4009] IEQ/kg, with 59.1% embedded in exocrine tissue. Cases with very low yield (<2000 IEQ/gm or IEQ/kg) have decreased substantially over time, 6.8% and 9.1% respectively in the most recent tertile of time compared to 19.2% and 23.4% in the middle and 34.1% and 36.4% in the oldest tertile. IEQ/gm and IEQ/kg adjusted for patient and disease factors improved in consistency and yield in the modern era. Minimal mechanical disruption during digestion, warm enzymatic digestion using enzyme Collagenase:NP activity ratio <10:1, coupled with extended distention and trimming time during islet isolation of younger and fibrotic pediatric pancreases, gave increased islet yield with improved patient outcomes.

This article is protected by copyright. All rights reserved.