国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

重大な矢状体不整列の管理に対する多段階ハイブリッドアプローチ:2次元手術ビデオ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Oper Neurosurg (Hagerstown).2020 Jul;opaa211. doi: 10.1093/ons/opaa211.Epub 2020-07-17.

重大な矢状体不整列の管理に対する多段階ハイブリッドアプローチ:2次元手術ビデオ

Multistage Hybrid Approach to Management of Significant Sagittal Malalignment: 2-Dimensional Operative Video.

  • Jakub Godzik
  • Cory Hartman
  • Joshua T Wewel
  • Corey T Walker
  • David S Xu
  • Juan S Uribe
PMID: 32678908 DOI: 10.1093/ons/opaa211.

抄録

成人の脊椎変形の矯正のための低侵襲手術(MIS)アプローチは、過去10年間で人気を博してきた。MISアプローチは入院期間の短縮と罹患率の低下をもたらします。しかし、開腹手術と比較すると、MISアプローチは固定矢状変形や戦略的な外科的病期分類が必要な場合には困難です。MISとミニオープンを組み合わせた術式は「ハイブリッド」と呼ばれている。我々は、MISとミニオープンの両方の手技、具体的にはミニオープンペディクルサブトラクションオステオトミー(PSO)と前列リリース(ACR)を使用した固定矢状体変形症に対する手術アプローチについて報告する。患者は手術治療に対して書面によるインフォームドコンセントを行った。患者はまず、T12から骨盤までの経皮的モジュラーペディクルスクリューの配置と、以前に融合したL5椎体のミニPSOを行い、一時的なロッドを配置した。翌日、患者はL2/3で側方経背骨体間融合とACRを受け、経皮的ロッドは、セグメント固定のためにT12から骨盤に渡されました。患者はよく回復し、手術初日から6日後に合併症もなく退院した。外科的病期分類と伝統的な開放手技を選択的、最小限の方法で組み合わせて使用し、低侵襲の原則を順守することで、変形管理のための低侵襲アプローチを利用した強力な外科的手技のセットを提供しています。アリゾナ州フェニックスのBarrow Neurological Instituteの許可を得て使用。

Minimally invasive surgery (MIS) approaches for the correction of adult spinal deformity have gained popularity in the past decade. MIS approaches can result in decreased hospitalization times and decreased morbidity. However, compared to open techniques, MIS approaches are challenging in the setting of fixed sagittal deformity and strategic surgical staging. Combined MIS and miniopen techniques are described as "hybrid" techniques. We report on the surgical approach for a fixed sagittal deformity using both MIS and miniopen techniques, specifically a miniopen pedicle subtraction osteotomy (PSO) and an anterior column release (ACR). The patient gave written informed consent for surgical treatment; institutional review board approval was not required. The patient first underwent the placement of percutaneous modular pedicle screws from T12 to the pelvis as well as a mini-PSO across the previously fused L5 vertebral body, with the placement of a temporary rod. The following day, the patient underwent lateral transpsoas interbody fusion and ACR at L2/3; a percutaneous rod was then passed from T12 to the pelvis for segmental fixation. The patient recovered well and was discharged home without complication 6 d after the initial day of surgery. The combined use of surgical staging and traditional open techniques in a selective, minimalistic fashion and adherence to minimally invasive principles provide for a powerful set of surgical techniques that capitalize on less invasive approaches to deformity management. Used with permission from Barrow Neurological Institute, Phoenix, Arizona.

Copyright © 2020 by the Congress of Neurological Surgeons.