国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ウガンダ南西部の地域紹介病院における重度の精神疾患患者における心代謝異常 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(7):e0235956. PONE-D-19-20354. doi: 10.1371/journal.pone.0235956.Epub 2020-07-17.

ウガンダ南西部の地域紹介病院における重度の精神疾患患者における心代謝異常

Cardio-metabolic abnormalities among patients with severe mental illness at a Regional Referral Hospital in southwestern Uganda.

  • David Collins Agaba
  • Richard Migisha
  • Godfrey Katamba
  • Scholastic Ashaba
PMID: 32678850 DOI: 10.1371/journal.pone.0235956.

抄録

重度の精神疾患(SMI)患者は、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満などの早期の心代謝異常の負担が高く、一般集団と比較して死亡率が3倍に増加し、平均寿命が最大20%減少する。ウガンダ人の30%以上が何らかの形で精神疾患を抱えているにもかかわらず、これらの患者の心代謝異常に対する国や病院ベースのスクリーニングガイドラインはなく、これはほとんどの低所得国の一般的な傾向である。ほとんどの低所得国における心代謝異常のスクリーニング率はわずか0.6%である。本研究の目的は、Mbarara Regional Referral HospitalのSMI患者における心代謝異常について説明することである。横断的研究では、SMI患者304人を募集し、脂質異常症に対する全国コレステロール教育プログラム成人治療パネルIII基準、糖尿病、肥満に対する世界保健機関(WHO)基準、高血圧に対する全国合同委員会基準を用いて、心代謝異常の評価を行った。次に、個々の心代謝異常のそれぞれの基準を満たした参加者の割合を決定した。304人の参加者のうち、44.41%が男性、55.59%が女性で、平均年齢は38.56±13.66歳であった。参加者のほぼ半数(46.38%)が過体重または肥満、33.22%が腹部肥満、40.46%が高血圧、34.11%が低高密度リポ蛋白、37.42%が高トリグリセリド血症、34.77%が高コレステロール血症であった。空腹時血糖値を基準にすると、それぞれ11.18%、9.87%が前糖尿病、糖尿病であった。精神疾患患者には心代謝異常が多くみられることから、精神科受診時に心代謝異常のスクリーニングを日常的に行う必要がある。SMI患者における代謝異常のスクリーニングに関する全国的なガイドラインが必要であり、これらの異常は、心血管疾患への進行を逆転させたり遅らせたりできる段階で十分に早期に発見できるようにする必要があります。

Patients with severe mental illness (SMI) have a higher burden of premature cardio-metabolic abnormalities, including diabetes mellitus, hypertension, hyperlipidemia, and obesity resulting into a 3-fold increase in mortality, and up to 20% reduction in life expectancy compared to the general population. Although over 30% of Ugandans have some form of mental illness, there are no national or hospital-based screening guidelines for cardio-metabolic abnormalities among these patients a general trend in most low-income countries. The screening rates for cardio-metabolic abnormalities in most low-income countries are at only 0.6%. The objective of this study was to describe the cardio-metabolic abnormalities among patients with SMI at Mbarara Regional Referral Hospital. Through a cross-sectional study, we recruited 304 patients with SMI and evaluated them for cardio-metabolic abnormalities using the National Cholesterol Education Programme Adult Treatment Panel III criteria for dyslipidemias, World Health Organisation criteria for diabetes mellitus, obesity, and the Joint national committee criteria for hypertension. We then determined the proportion of participants who met the criteria for each of the individual cardio-metabolic abnormalities. Of the 304 participants, 44.41% were male and 55.59% female with a mean age of 38.56±13.66 years. Almost half (46.38%) of the participants were either overweight or obese, 33.22% had abdominal obesity, 40.46% were hypertensive, 34.11% had low high-density lipoproteins, 37.42% had hypertriglyceridemia and 34.77% had hypercholesterolemia. Based on fasting blood sugar, 11.18% and 9.87% had pre-diabetes and diabetes respectively. There is a high level of cardio-metabolic abnormalities among patients with psychiatric disorders and thus metabolic screening for these abnormalities should be done routinely during psychiatric reviews. There is a need for national guidelines for screening of metabolic abnormalities among patients with SMI so that these abnormalities can be detected early enough at stages where they can be either reversed or delayed to progress to cardiovascular disease.