国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Arterioureteral fistula:臨床的特徴、血管内管理、転帰の概要 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Minim Invasive Ther Allied Technol.2020 Jul;:1-9. doi: 10.1080/13645706.2020.1782939.Epub 2020-07-17.

Arterioureteral fistula:臨床的特徴、血管内管理、転帰の概要

Arterioureteral fistula: overview of clinical characteristics, endovascular management, and outcomes.

  • Seung Yeon Noh
  • Ji Hoon Shin
  • Woo Jin Yang
  • Hee Ho Chu
  • Suyoung Park
  • Chengshi Chen
  • Woong Hee Lee
PMID: 32678715 DOI: 10.1080/13645706.2020.1782939.

抄録

背景:

動脈尿管瘻(AUF)は、尿管と動脈の間の病理学的な接続に起因する状態である。発生率が低いにもかかわらず、大量の血尿が発生し、致死率も高く、臨床的には壊滅的な結果を招くことがあります。

BACKGROUND: Arterioureteral fistula (AUF) is a condition resulting from the pathologic connection between the ureter and the artery. Despite the low incidence, it can lead to devastating clinical consequences due to massive hematuria with a considerable mortality rate.

材料と方法:

2009年1月から2018年12月までに、2つの三次紹介センターからAUFを有する患者8人を対象とした。提示症状、骨盤手術または放射線治療の既往、尿管留置ステント、一次血管病理、血管造影所見、治療の種類、生存期間、再発を含む臨床データを分析した。

MATERIAL AND METHODS: From January 2009 to December 2018, eight patients with AUF from two tertiary referral centers were included. Clinical data including presenting symptoms, previous pelvic surgery or radiotherapy, indwelling ureteral stents, primary vascular pathology, angiographic findings, type of treatment, survival, and recurrence were analyzed.

結果:

8人の患者(6人の女性、平均年齢62.4±14.5歳)はすべて巨視的血尿を呈し、血管内管理により治療に成功した。1人の患者は腸骨動脈瘤が原因でAUFを発症し、残りの患者は二次的な原因によるものであった。6人の患者は、中央値5.5ヵ月(1~84ヵ月)の尿管留置ステントの既往歴があった。すべての患者は血管内管理により治療に成功した。追跡期間中央値987日で、3人の患者が平均6.3ヵ月で血尿を再発し、2人の患者は手術で治療され、1人は血管内治療で治療された。

RESULTS: All eight patients (six women, mean age 62.4 ± 14.5 years) presented with macroscopic hematuria and were successfully treated by endovascular management. One patient developed AUF due to an underlying iliac artery aneurysm, and the rest were due to secondary causes. Six patients had a history of an indwelling ureteral stent for a median of 5.5 months (1-84 months). All of the patients were successfully treated by endovascular management. For the median follow up of 987 days, three patients had recurrence of hematuria in a mean of 6.3 months, two patients were treated by surgery, while one was treated by endovascular treatment.

結論:

AUFが疑われる場合は、関連する病歴やCT所見から腸骨血管造影や尿管造影で確認する必要がある。AUFは血管内治療で治療が可能である。再発した場合は外科的治療を考慮すべきである。 AUF:動脈尿管瘻;CIA:総腸骨動脈;DJ:ダブルJ;EIA:外腸骨動脈;IIA:内腸骨動脈;NBCA:N-ブチルシアノアクリレート;PCN:経皮的ネフローストミー。

CONCLUSION: AUF should be confirmed through a purposeful iliac angiogram or ureterography when suspected based on a relevant history or CT findings. AUF can be successfully treated by endovascular management. The surgical option should be considered in cases of recurrence. AUF: arterioureteral fistula; CIA: common iliac artery; DJ: double J; EIA: external iliac artery; IIA: internal iliac artery; NBCA: N-butyl cyanoacrylate; PCN: percutaneous nephrostomy.