国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

統合的緩和ケア環境における女性腫瘍患者の身体活動と補完医療の利用との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Altern Complement Med.2020 Jul;doi: 10.1089/acm.2019.0437.Epub 2020-07-14.

統合的緩和ケア環境における女性腫瘍患者の身体活動と補完医療の利用との関連

Association Between Physical Activity and Use of Complementary Medicine by Female Oncology Patients in an Integrative Palliative Care Setting.

  • Orit Gressel Raz
  • Noah Samuels
  • Moti Levy
  • Michelle Leviov
  • Ofer Lavie
  • Eran Ben-Arye
PMID: 32678704 DOI: 10.1089/acm.2019.0437.

抄録

乳がんおよび婦人科がん患者で、緩和ケア内で補完/統合医療(CIM)コンサルテーションを紹介された、または自己紹介された患者の身体活動と報告された補完医療の利用との関連を検討する。 人口統計学的およびがん関連のパラメータ、身体運動および活動への参加、および非伝統的な医療行為の現在の使用について、統合腫瘍学の専門クリニックで提供されているCIMコンサルテーションを紹介された患者の医療ファイルを分析したレトロスペクティブ観察研究。生活の質(QoL)の転帰は、初回のCIMコンサルテーション中にエドモントン症状評価尺度(ESAS)ツールを用いて評価された。 調査した162人の患者ファイルのうち、身体活動への参加が報告されたのは152人で、そのうち83人が活動的、69人が非活動的であったことが米国癌協会のガイドラインに基づいて確認された。ロジスティック多変量回帰モデルにより、身体活動はがん以外の転帰に対するハーブ/栄養補助食品の使用率の高さと関連していることが示された(オッズ比=7.21、95%信頼区間[CI] 1.6-32.46、=0.01);より頻繁に報告されているハーブ/栄養補助食品の使用率が高いことが示された。01);がんに関連した転帰に対する鍼治療の使用がより頻繁に報告されている(オッズ比=7.79、95%信頼区間[CI] 1.93-31.5、=0.004);および幸福度に関するESASスコアが低い(オッズ比=0.77、95%CI 1.0.65-0.92、=0.004)ことから、QoLがより良好であることが示された。 身体活動は、腫瘍科治療中の乳がんおよび婦人科がん患者において、CIM(具体的にはハーブ/栄養補助食品の使用および鍼治療)のより多くの使用と関連していることが明らかになった。CIMの使用と身体活動が患者の健康信念モデルに影響されているかどうか、また、CIM相談がこれらの患者の身体活動を促進できるかどうかを調べるためには、さらなる研究が必要である。

To examine the association between physical activity and the reported use of complementary medicine by patients with breast and gynecological cancer referred or self-referred to a complementary/integrative medicine (CIM) consultation within a palliative care context. Retrospective observational study analyzing the medical files of patients referred to a CIM consultation provided within a specialized integrative oncology clinic for demographic and cancer-related parameters; participation in physical exercise and activities; and current use of nonconventional medical practices. Quality of life (QoL) outcomes were assessed during the initial CIM consultation by using the Edmonton Symptom Assessment Scale (ESAS) tool. Among the 162 patient files examined, participation in physical activities was reported in 152, of whom 83 were identified as active and 69 inactive according to the American Cancer Society guidelines. A logistic multivariate regression model showed that physical activity was associated with higher rates of herbal/dietary supplement use for noncancer-related outcomes (odds ratio = 7.21, 95% confidence interval [CI] 1.6-32.46,  = 0.01); more frequently reported use of acupuncture for cancer-related outcomes (odds ratio = 7.79, 95% CI 1.93-31.5,  = 0.004); and lower ESAS scores for well-being (odds ratio = 0.77, 95% CI 1.0.65-0.92,  = 0.004), indicating better QoL. Physical activity was found to be associated with a greater use of CIM (specifically herbal/dietary supplement use and acupuncture) in patients with breast and gynecological cancer during oncology treatment. Further research is needed to explore whether CIM use and physical activity are influenced by patients' health-belief models of care, and whether the CIM consultation can promote physical activity among these patients.