会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

本態性高血圧症の女性における足腰マッサージの血圧と睡眠の質への影響:無作為化比較試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Hum Hypertens.2020 Jul;10.1038/s41371-020-0371-z. doi: 10.1038/s41371-020-0371-z.Epub 2020-07-16.

本態性高血圧症の女性における足腰マッサージの血圧と睡眠の質への影響:無作為化比較試験

The influence of foot and back massage on blood pressure and sleep quality in females with essential hypertension: a randomized controlled study.

  • Gürcan Arslan
  • Özlem Ceyhan
  • Mukadder Mollaoğlu
PMID: 32678299 DOI: 10.1038/s41371-020-0371-z.

抄録

本研究は、本態性高血圧症の女性における足裏マッサージの血圧と睡眠の質への影響を調査することを目的として実施された。マッサージのような非薬理学的な方法は、血圧のバランスを整え、睡眠の問題を解決するのに有効である可能性がある。これは CONSORT規則に基づいて実施された無作為化比較試験である。本態性高血圧症の女性を対象に、週2回30分の足裏マッサージを3週間の間に合計6回実施した。本研究では、介入群(足裏マッサージ群、背中マッサージ群)60名、対照群30名の計90名の患者を対象とした。データは、記述的特徴、Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)を含む個人データフォーム(PDF)を通して収集された。足裏マッサージと背中マッサージの6回のセッションで、収縮期血圧(SBP)と拡張期血圧(DBP)の値の低下につながることが検出され、その差は統計的に有意であった(p<0.001)。介入群の女性におけるPSQIの総合スコアとサブディメンショナルスコアのテスト前・テスト後の平均スコアの間には強い統計的差が認められた(p<0.001)。足腰マッサージは血圧の低下と睡眠の質の向上に有効であることが明らかになった。

The present study was conducted with the aim of investigating the influence of foot and back massage on blood pressure and sleep quality in females with essential hypertension. Non-pharmacologic methods like massage may be effective for balancing blood pressure and solving sleep problems. This is a randomized controlled study conducted in accordance with CONSORT rules. Females with essential hypertension were applied a total of six sessions of 30 min of foot and back massage twice weekly during 3 weeks. The study included a total of 90 patients of whom 60 were in intervention group (foot massage group, back massage group) and 30 in control group. Data were collected through personal data form (PDF) which included descriptive characteristics, Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI). Six sessions of foot massage and back massage were detected to lead to a reduction in systolic blood pressure (SBP) and diastolic blood pressure (DBP) values and the difference was statistically significant (p < 0.001). A strong statistical difference was found between mean pretest posttest scores of overall and sub-dimensional scores of PSQI in females in intervention group (p < 0.001). Foot and back massage was found to be effective in reducing blood pressure and improving sleep quality.