国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ガーナにおけるHIVケアにおける母親の定着の障壁:妊娠中と産後の主な違い | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Pregnancy Childbirth.2020 Jul;20(1):398. 10.1186/s12884-020-03067-8. doi: 10.1186/s12884-020-03067-8.Epub 2020-07-17.

ガーナにおけるHIVケアにおける母親の定着の障壁:妊娠中と産後の主な違い

Barriers to maternal retention in HIV care in Ghana: key differences during pregnancy and the postpartum period.

  • Kwame S Sakyi
  • Margaret Y Lartey
  • Caitlin E Kennedy
  • Julie A Dension
  • Luke C Mullany
  • Prince G Owusu
  • Emma Sacks
  • Emily A Hurley
  • Pamela J Surkan
PMID: 32677910 DOI: 10.1186/s12884-020-03067-8.

抄録

背景:

妊娠中よりも産後の女性のHIVケアへの妊産婦の定着率は低いが、その理由は十分に理解されていない。我々は、妊娠中と妊娠後のHIVケアを維持するための障壁の主な違いを調べた。

BACKGROUND: Maternal retention in HIV care is lower for women in the postpartum period than during pregnancy, but the reasons are poorly understood. We examined key differences in barriers to retention in HIV care during and after pregnancy.

方法:

HIVとともに生活している産後女性30人に、半構造化された綿密なインタビューを行った。参加者は、ガーナのアクラで母子感染予防のためのオプションB+を実施している2つの第三次施設から募集した。HIVケアから離脱した母親と、まだケアに従事している母親からデータを収集した。インタビューは、根拠に基づいた理論から適応された原則を用いて分析された。

METHODS: We conducted semi-structured, in-depth interviews with 30 postpartum women living with HIV. Participants were recruited from two tertiary facilities implementing Option B+ for prevention of mother-to-child HIV transmission in Accra, Ghana. We collected data from mothers who had disengaged from HIV care and those who were still engaged in care. The interviews were analyzed using principles adapted from grounded theory.

結果:

参加者の経験と語りから、HIVケアへの定着は妊娠中よりも産後の期間の方が困難であることが示されました。妊産婦の身体的健康状態の悪さ(出生時の合併症や帝王切開による)、社会文化的要因(新生児の健康や妊娠に関する規範)、出産に関連した経済的困難(失業、失業、借金など)により、HIVケアを維持するための費用が妊娠中よりも産後の方が経済的にも社会的にも高額になっていました。また、一部の参加者は、HIVのスティグマと新生児を守りたいという思いから、母親のプライベートな交通手段への嗜好が大きく変化したために、交通費とその結果としてのパートナーへの支払い依存度が産後期間中に増加したことを共有した。これらの要因は、妊娠中よりも産後の時期に大きな役割を果たし、定着への大きな障壁となっていた。これらの要因がどのように相互に関連しているか、それらの間の相乗効果、および産後の保持にどのように影響するかについての概念モデルが提示されている。

RESULTS: Participants' experiences and narratives showed that retention in HIV care was more challenging during the postpartum period than during pregnancy. Poor maternal physical health (from birth complications and cesarean section), socio-cultural factors (norms about newborn health and pregnancy), and economic difficulties linked to childbirth (such as unemployment, under-employment, and debt) made the costs of retention in HIV care more economically and socially expensive in the postpartum period than during pregnancy. Some participants also shared that transportation costs and resulting dependence on a partner to pay increased during the postpartum period because of a strong shift in maternal preference for private modes of transportation due to HIV stigma and the desire to protect the newborn. These factors played a larger role in the postpartum period than during pregnancy and created a significant barrier to retention. A conceptual model of how these factors interrelate, the synergy between them, and how they affect retention in the postpartum period is presented.

結論:

ガーナでは、妊娠中に比べて産後のHIVケアの定着率が低いのは、主に社会的、経済的、および新生児の健康要因に起因している可能性がある。出産後の妊産婦のHIVケアの定着率を高めるためには、経済に基づく多面的な介入とスティグマ削減のための介入が必要である。

CONCLUSIONS: In Ghana, lower retention in HIV care in the postpartum period compared to in pregnancy may be primarily driven by social, economic, and newborn health factors. Multifaceted economic-based and stigma-reduction interventions are needed to increase retention in maternal HIV care after childbirth.