国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

眼球ジロフィラリア症の分子解析:イラン南東部におけるジロフィラリア・インミティスの症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Infect. Dis..2020 Jul;20(1):520. 10.1186/s12879-020-05182-5. doi: 10.1186/s12879-020-05182-5.Epub 2020-07-16.

眼球ジロフィラリア症の分子解析:イラン南東部におけるジロフィラリア・インミティスの症例報告

Molecular characterization of ocular dirofilariasis: a case report of Dirofilaria immitis in south-eastern Iran.

  • Razieh Parsa
  • Ali Sedighi
  • Iraj Sharifi
  • Mehdi Bamorovat
  • Saeid Nasibi
PMID: 32677898 DOI: 10.1186/s12879-020-05182-5.

抄録

背景:

眼球ジロフィラリア症は、動物からヒトへとカブリ蚊によって感染する人獣共通の寄生虫感染症である。本疾患はDirofilaria immitisやDirofilaria repensなどのDirofilaria spp.によって引き起こされることがあるが、D. immitisによるヒト眼球ジロフィラリア症は世界的に見ても比較的まれである。本研究では,イラン南東部におけるD. immitisによる眼球糸状虫症の1例を紹介することを目的とした。

BACKGROUND: Dirofilariasis is a zoonotic parasitic infection transmitted from animals to humans by culicid mosquitoes. Although the disease can be caused by Dirofilaria spp. including Dirofilaria immitis and Dirofilaria repens, human ocular dirofilariasis due to D. immitis is relatively rare in the world. This study was aimed to present a case of ocular dirofilariasis caused by D. immitis in southeastern Iran.

ケースプレゼンテーション:

かゆみや発赤を含む臨床症状を呈して受診した69歳男性の右眼から採取した線虫を検査した。形態分析の結果、Dirofilaria寄生虫が検出された。その後、ミミズ体の一部を切断してDNAを抽出し、680-bpの遺伝子断片増幅とヌクレオチド配列決定を行った。系統解析の結果、感染の原因菌はD. immitis丸虫であることが判明した。抗生物質とコルチコステロイドの投与を受け,1ヶ月間経過観察を行った.

CASE PRESENTATION: A nematode extracted from the right eye of a 69-year-old man referred with clinical symptoms including itching and redness was examined. After the morphometric analysis, Dirofilaria parasite was detected. Afterwards, a piece of worm body was cut and DNA was extracted and a 680-bp gene fragment amplification and nucleotide sequencing were performed. Phylogenetic analysis revealed a D. immitis roundworm as the causative agent of infection. The patient was treated with antibiotics and corticosteroid and followed up for 1 month.

結論:

本研究は、イラン南東部でヒトから分離されたD. immitisによる眼球ジラミ症の2例目の報告である。イランのような風土病地域では,犬の眼球ジラミ症が著しく増加していることが明らかになっている.そのため,このような人獣共通感染性線虫の存在に注意を払い,適切かつ迅速な対応と治療を行う必要がある.

CONCLUSION: The present study provides the second report on ocular dirofilariasis caused by D. immitis isolated from a human in southeast Iran. Based on the available evidence, dirofilariasis in dogs has significantly increased in endemic areas such as Iran. Therefore, physicians should be aware of such zoonotic nematodes so as to take proper and timely action and treatment against the disease.