国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

化膿性椎体骨筋炎における円盤椎体生検培養陽性の予測因子、および透視下でのガイダンスとスキャノグラフィ下でのガイダンスの影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Infect. Dis..2020 Jul;20(1):512. 10.1186/s12879-020-05223-z. doi: 10.1186/s12879-020-05223-z.Epub 2020-07-16.

化膿性椎体骨筋炎における円盤椎体生検培養陽性の予測因子、および透視下でのガイダンスとスキャノグラフィ下でのガイダンスの影響

Predictive factors for positive disco-vertebral biopsy culture in pyogenic vertebral osteomyelitis, and impact of fluoroscopic versus scanographic guidance.

  • Caroline Diffre
  • Camille Jousset
  • Anne-Laure Roux
  • Clara Duran
  • Latifa Noussair
  • Martin Rottman
  • Robert-Yves Carlier
  • Aurélien Dinh
PMID: 32677896 DOI: 10.1186/s12879-020-05223-z.

抄録

背景:

本研究の目的は、化膿性椎体骨骨髄炎(PVO)患者における円盤椎体生検(DVB)による微生物学的診断の予測因子を特定し、透視下でのDVB検査とスキャノグラフィ下でのDVB検査の性能を比較することである。

BACKGROUND: The aims of this study were to identify the predictive factors for microbiological diagnosis through disco-vertebral biopsy (DVB) in patients with pyogenic vertebral osteomyelitis (PVO) and negative blood cultures, and compare the performance of DVB under fluoroscopic versus scanographic guidance.

方法:

PVO患者のDVB陽性と陰性を比較したコホート研究を行った。当センターの微生物診断のためにDVBを受けたPVOの全症例をレトロスペクティブに検討した。結核菌による感染、異物感染、非感染性疾患は除外した。標準化されたデータセットにより、麻酔学的、臨床的、生物学的、微生物学的、放射線学的データをカルテから収集した。

METHODS: We performed a cohort study comparing positive and negative DVB among patients with PVO. All cases of PVO undergoing a DVB for microbiological diagnosis in our center were retrospectively reviewed. Infections due to Mycobacterium tuberculosis, infections on foreign device, and non-septic diseases were excluded. Anamnestic, clinical, biological, microbiological, as well as radiological data were collected from medical charts thanks to a standardized data set.

結果:

合計111人の患者がスクリーニングされ、88人の患者が含まれた。微生物学的培養は53/88人(60.2%)の患者で陽性であった。軸方向MRスキャンのMRI(磁気共鳴画像法)での傍脊椎組織の10mm以上の肥厚はDVB微生物陽性の予測因子であった(52.4% vs. 13.3%、p=0.006、OR=5.4)。全体では、透視下DVBは51例、スキャノグラフィ下DVBは37例であった。腰部DVBについては、25/36例(69.4%)で透視下では5/15例(33.3%)であったのに対し、透視下では5/15例(33.3%)であった(p=0.02、OR=4.4)。DVBに関連した有害事象は報告されなかった。

RESULTS: A total of 111 patients were screened; 88 patients were included. Microbiological cultures were positive in 53/88 (60.2%) patients. A thickening of the paravertebral tissue ≥10 mm on magnetic resonance imaging (MRI) in axial MR scans was a predictive factor of DVB microbiological positivity (52.4% vs. 13.3%; p = 0.006; OR = 5.4). Overall, 51 DVB were performed under fluoroscopic guidance and 37 under scanographic guidance. Considering lumbar DVB, 25/36 (69.4%) of cases yielded positive results under fluoroscopic guidance versus 5/15 (33.3%) under scanographic guidance (p = 0.02; OR = 4.4). No adverse event linked to DVB was notified.

結論:

PVOと血液培養が陰性のすべての患者はDVBを受けるべきである。MRIで10mm以上の傍脊椎組織の肥厚はDVB培養陽性率が高いことと関連しています。透視下での腰椎DVBは、関与する微生物を特定するためには、スキャンノグラフィ下よりも感度が高い。

CONCLUSION: Every patient with PVO and negative blood cultures should undergo a DVB. A thickening of the paravertebral tissue ≥10 mm on MRI is associated with a higher rate of positive DVB culture. A lumbar DVB under fluoroscopic guidance is more sensitive than under scanographic guidance to identify the micro-organism involved.