国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ブドウ糖センサー、インスリンポンプ、テープによる接触皮膚炎:5年間の結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Contact Derm..2020 Jul;doi: 10.1111/cod.13664.Epub 2020-07-17.

ブドウ糖センサー、インスリンポンプ、テープによる接触皮膚炎:5年間の結果

Contact dermatitis caused by glucose sensors, insulin pumps, and tapes: results from a 5-year period.

  • Ulrik Ahrensbøll-Friis
  • Anne Birgitte Simonsen
  • Claus Zachariae
  • Jacob P Thyssen
  • Jeanne D Johansen
PMID: 32677709 DOI: 10.1111/cod.13664.

抄録

背景:

グルコースセンサーやインスリン輸液セットによる接触皮膚炎の患者さんが増えています。医療機器に含まれる成分に関する情報が不足しているため、パッチテストは困難である。

BACKGROUND: The number of patients with contact dermatitis from glucose sensors and insulin infusion sets is increasing. Patch testing is challenging due to lack of information concerning ingredients in medical devices.

目的:

ブドウ糖センサーやインスリン点滴セットのアレルギー反応の製品や原因を5年間で報告し、短いスクリーニングシリーズを提案する。

OBJECTIVES: To report on products and causes of allergic reactions to glucose sensors or insulin infusion sets over a 5-year period and suggest a short screening series.

方法:

2015年から2019年までのグルコースセンサーおよび/またはインスリン点滴セットに対するアレルギー性接触皮膚炎が疑われる連続した患者のパッチテストデータを分析。

METHODS: Analysis of patch test data from consecutive patients suspected of allergic contact dermatitis to glucose sensors and/or insulin infusion sets from 2015 to 2019.

結果:

患者数は年間4人から15人に増加し、30/38人(78.9%)は小児であった。29例(76.3%)では、アレルギー性接触皮膚炎/その可能性のあるアレルギー性接触皮膚炎と診断されたが、そのほとんどは装置のテープまたはテープ中のアレルゲンが原因であり(n=23)、次いで装置の筐体中のアレルゲンが原因であった(n=10)。最も一般的なアレルゲンは、イソボルニルアクリレート、アビトール、コロホニウムであった。製造業者からの情報は入手が困難な場合が多く、入手できたとしても不十分であった。このため、12人(31%)の患者で診断が1.5年以上遅れていた。

RESULTS: Patient numbers increased from 4 to 15 per year; 30/38(78.9%) were children. In 29 (76.3%), a diagnosis of allergic/probable allergic contact dermatitis was established, mostly due to tapes of the device or allergens in these tapes (n=23) followed by allergens in the device housing (n=10). Isobornyl acrylate, abitol, and colophonium were the most common allergens. Information from manufacturers was often difficult to obtain and if accessible, inadequate. For this reason, the diagnosis was delayed more than 1.5 years in 12 (31%) patients.

結論:

1型糖尿病の治療に使用される器具からアレルギー性接触を持つ患者の数が増加していることは、この問題の重要性を示しています。アレルギーは、成分の強制的な表示の欠如のために、簡単に見落とされることがあります。この記事は著作権で保護されています。すべての権利を保有しています。

CONCLUSIONS: The increasing number of patients, mostly children, with allergic contact from devices used in treatment of type1-diabetes demonstrates the importance of this problem. Allergies can easily be overlooked, due to the lack of mandatory labeling of ingredients. This article is protected by copyright. All rights reserved.

This article is protected by copyright. All rights reserved.