会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

偏心過負荷トレーニングが方向転換速度性能に及ぼす影響.システマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Sports Sci.2020 Jul;:1-9. doi: 10.1080/02640414.2020.1794247.Epub 2020-07-17.

偏心過負荷トレーニングが方向転換速度性能に及ぼす影響.システマティックレビューとメタアナリシス

Effect of eccentric overload training on change of direction speed performance: A systematic review and meta-analysis.

  • Ruidong Liu
  • Jianxiu Liu
  • Caitlin Vitosky Clarke
  • Ruopeng An
PMID: 32677542 DOI: 10.1080/02640414.2020.1794247.

抄録

本研究は、方向転換速度(CODS)パフォーマンスに対する偏心過負荷トレーニング(EOT)の有効性に関するエビデンスを系統的にレビューし、定量化したものである。2020年4月30日に8つの電子書誌データベースでキーワード検索を行った。SPORTDiscus、PubMed、Web of Science、Academic Search Complete、コクラン図書館、Scopus、CINAHL、Google Scholar。メタアナリシスを実施し、対照群と比較してCODSのパフォーマンスに対するEOT介入のプールされた効果の大きさを推定した。研究の不均一性は指標で評価した。発表バイアスはBegg's検定およびEgger検定で評価した。9件のランダム化比較試験、1件のランダム化クロスオーバー試験、1件の非ランダム化比較試験を含む11件の研究が適格基準を満たし、本レビューに含まれた。その結果、EOT群では対照群よりも全体的な方向転換タスクの完了時間が1.35標準偏差(95%信頼区間[CI]=0.18, 2.52)短縮された。結論として、EOTは対照群と比較してCODSのパフォーマンス向上に有効であることが示された。今後の研究では、無作為化実験デザインを採用し、プロチームスポーツから大規模かつ代表的なサンプルを募集し、集団サブグループ間のCODSパフォーマンスの様々な指標に対するEOTの効果を検討すべきである。

This study systematically reviewed and quantified evidence regarding the effectiveness of eccentric overload training (EOT) on change-of-direction speed (CODS) performance. A keyword search was performed in 30 April 2020 in eight electronic bibliographic databases: SPORTDiscus, PubMed, Web of Science, Academic Search Complete, Cochrane Library, Scopus, CINAHL and Google Scholar. A meta-analysis was conducted to estimate the pooled effect size of EOT interventions on CODS performance compared to the control group. Study heterogeneity was assessed by the index. Publication bias was assessed by the Begg's and Egger's tests. Eleven studies, including nine randomized controlled trials, one randomized crossover trial, and one non-randomized controlled trial met the eligibility criteria and were included in the review. Time of overall change-of-direction task completion among the EOT group was 1.35 standard deviations (95% confidence interval [CI] = 0.18, 2.52) shorter than that in the control group. In conclusion, EOT was found effective in improving CODS performance compared to the control group. Future studies should adopt a randomized experimental design, recruit large and representative samples from professional team sports, and examine the effect of EOT on various measures of CODS performance among population subgroups.