会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

神経保護のためのオートファジーの微調整の時代か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Autophagy.2020 Jul;:1-2. doi: 10.1080/15548627.2020.1794355.Epub 2020-07-17.

神経保護のためのオートファジーの微調整の時代か?

Is it the time of autophagy fine-tuners for neuroprotection?

  • David Romeo-Guitart
  • Sara Marmolejo-Martínez-Artesero
  • Caty Casas
PMID: 32677502 DOI: 10.1080/15548627.2020.1794355.

抄録

細胞や生物は、マクロオートファジー/オートファジーを含む多くのストレス応答を誘発することで、侮辱されたダメージに効果的に対処し、自己治癒するための準備をしています。しかし、加齢や神経変性、神経外傷などでオートファジーが機能不全に陥ることがあります。私たちは、オートファジーの機能不全を克服するために、マルチターゲットアプローチを用いた治療法の開発を目指しています。その結果、これまでのオートファジーモジュレーターでは効果が得られなかったいくつかの神経変性モデルにおいて、ニューロヒールを用いてオートファジーを制御することで、神経保護効果が得られることを明らかにしました。成功の鍵となる要素は、NeuroHealでオートファジーを調節する対立する力が協調的に活性化されていることであり、おそらくPARP1のような死の執行者のオートファジー依存的な分解につながっていると考えられる。このように、オートファジーを正確に調整することで、ニューロンは侮辱に適応し、生存し、自己修復することができるようになるのです。これらの知見は、オートファジーを含む自己修復過程の異なる経路を統一的に標的とすることで、神経細胞の損傷に対抗する新時代の神経保護剤の出現を支持するものである。

Cells and organisms are intrinsically prepared to effectively deal with damage caused by insults and heal themselves by triggering a plethora of stress responses including macroautophagy/autophagy. However, autophagy may become malfunctional during aging, neurodegeneration, and neurotrauma. We aimed to overcome autophagy dysfunction by refining therapeutics using multi-target approaches. Thus, we have demonstrated that modulation of autophagy with the multitarget drug NeuroHeal is neuroprotective in several neurodegeneration models in which previous autophagy modulators have failed. The key element of success is the coordinated activation of opposing forces that modulate autophagy with NeuroHeal, probably leading to the autophagy-dependent degradation of death executors such as PARP1. The precise tuning of autophagy thus allows the neuron to adapt to insults, survive and repair itself. These findings support the advent a new era of neuroprotectants that counteract neuronal damage by targeting in unison different pathways of the self-repair process, including autophagy.