国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

インドの皮膚科医の心理皮膚科の意識。南インドの視点 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dermatol Ther.2020 Jul;:e14024. doi: 10.1111/dth.14024.Epub 2020-07-17.

インドの皮膚科医の心理皮膚科の意識。南インドの視点

Awareness of Psychodermatology in Indian Dermatologists: A South Indian Perspective.

  • Bishurul Hafi
  • Ettappurath N Abdul Latheef
  • N A Uvais
  • Mohammad Jafferany
  • Muhammed Razmi T
  • T P Afra
  • Silah Aysha Ks
PMID: 32677246 DOI: 10.1111/dth.14024.

抄録

本研究は、南インド州における皮膚科医の精神皮膚疾患に対する意識・知識・実践パターン・態度を調査することを目的とした。質問紙調査による研究は、2019年8月1日から10月31日まで実施した。研究参加者は123名の皮膚科医であった。質問紙は、心理皮膚科に対する知識、実践パターン、態度に関する9つの多肢選択式質問と2つの自由形式質問から構成されていた。45名(36.6%)の皮膚科医がこのオンライン調査に回答した。そのうち73%が女性、40%が研修医であった。回答者のうち9名(20%)は心理皮膚科の経験が頻繁にあるが、心理皮膚科の患者の診断や治療に非常に慣れているのは6名(13.3%)にとどまった。精神科への紹介が必要とされた最も一般的な診断は、寄生虫症の妄想(22.2%)、トリコチロマニア(20%)、神経性皮膚炎(8.9%)であった。回答者39名(86.7%)は、心理皮膚科の教育イベントに参加することに興味を示していた。調査結果から、皮膚科と精神科のリエゾンクリニックの必要性が高いことが明らかになった。また、皮膚科医の中には、皮膚科医が単独で患者にサービスを提供している場合もあるが、精神皮膚科の症例を扱うための適切なトレーニングを受けていない人も多い。我々は、レジデンシー研修プログラムに心理皮膚科のカリキュラムを組み込むことを提案する。この記事は著作権で保護されています。すべての著作権は留保されています。

This study was aimed to survey the awareness, knowledge, practicing patterns, and attitudes of dermatologists toward psychocutaneous disorders in a South Indian State. The questionnaire-based study was performed from August 1 to October 31, 2019. Study participants included 123 dermatologists. The questionnaire consisted of 9 multiple-choice questions and 2 open-ended questions regarding knowledge, practicing patterns and attitude to psychodermatology. Forty five (36.6%) dermatologists completed this online survey. Out of them 73% were women and 40% were trainees. Nine respondents (20%) had frequent experience with psychodermatology, but only 6 (13.3%) were very comfortable in diagnosing and treating psychodermatology patients. Vitiligo was the disease with maximum respondents reported encountering >10 patients monthly with psychologic co morbidities (30, 66.7%).The most common diagnoses which required psychiatric referral were delusion of parasitosis (22.2%), trichotillomania (20%) and neurodermatitis (8.9%).Thirty six respondents (80%) were unaware of any patient or family resources on psychodermatology. Thirty-nine respondents (86.7%) expressed interest in attending educational events on psychodermatology. Survey results demonstrated high need of liaison clinics of dermatology and psychiatry. Many dermatologists lack proper training in treating psychodermatology cases while they may be the sole service provider to the patients. We propose incorporation of psychodermatology curriculum in residency training programs. This article is protected by copyright. All rights reserved.

This article is protected by copyright. All rights reserved.