会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Ablative Fractional Carbon Dioxide Laser Treatmentによる早期介入による肥大性瘢痕の改善 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Lasers Surg Med.2020 Jul;doi: 10.1002/lsm.23301.Epub 2020-07-16.

Ablative Fractional Carbon Dioxide Laser Treatmentによる早期介入による肥大性瘢痕の改善

Hypertrophic Scar Improvement by Early Intervention With Ablative Fractional Carbon Dioxide Laser Treatment.

  • Jianglin Tan
  • Junyi Zhou
  • Ling Huang
  • Qingqing Fu
  • Ming Ao
  • Lili Yuan
  • Gaoxing Luo
PMID: 32677058 DOI: 10.1002/lsm.23301.

抄録

背景と目的:

切除的フラクショナルレーザー治療は、肥大性瘢痕の色や質感を改善するために使用されており、安全かつ効果的な結果が得られている。しかし、フラクショナルレーザー治療を開始する最適な時期についてのコンセンサスは得られていない。また、早期瘢痕への効果についても議論の的となっている。この研究は、肥大性熱傷跡に対する切除型フラクショナル二酸化炭素(CO )レーザー治療の有効性と安全性を評価し、受傷後3ヶ月以内の初期段階での有効性と安全性を分析することを目的としたものである。

BACKGROUND AND OBJECTIVES: Ablative fractional laser treatment has been used to improve the color and texture of hypertrophic scars with safe and effective results. However, no consensus on the optimal time to initiate fractional laser treatment is available. The effect on early-stage scars remains controversial. This study was designed to assess the efficacy and safety of ablative fractional carbon dioxide (CO ) laser treatments for hypertrophic burn scars and to analyze the efficacy and safety in the early period within 3 months after injury.

研究デザイン・材料・方法:

肥大性瘢痕患者 221 例を対象にレトロスペクティブ研究を行った。受傷後最初のレーザー治療を行った時期により、患者を1ヶ月未満、1~3ヶ月未満、3~6ヶ月未満、6~12ヶ月未満、12ヶ月以上の5つのサブグループに分けた。最後のレーザー治療の1ヵ月後に、写真撮影、バンクーバー・スカー・スケール(VSS)、デュロメトリー、スペクトロカラーメトリーで傷跡を評価しました。

STUDY DESIGN/MATERIALS AND METHODS: We performed a retrospective study of 221 hypertrophic scar patients. According to the time of the first laser treatment after injury, patients were divided into five subgroups, including less than 1 month, 1-3 months, 3-6 months, 6-12 months, and more than 12 months postinjury. One month after the last laser treatment, the scars were assessed by photography, the Vancouver Scar Scale (VSS), durometry, and spectrocolorimetry.

結果:

患者は男性118名、女性103名であった。平均年齢は33.6歳であった。火災/炎が主な傷害原因であった。患者の36%が少なくとも1回のフラクショナルCOレーザー治療を受けた。受傷後1ヵ月以内に治療を受けた患者を含め、すべての患者でレーザー治療後のVSSスコアが有意に低下していた。また、損傷後3ヵ月以内に治療した患者と12ヵ月以上経過した患者では、治療後に硬さと赤みのスコアが低下したことも明らかになった。レーザー治療後の主な有害事象は,滲出(17.6%),出血(22.2%),腫脹(9.0%)であった.

RESULTS: The patients included 118 males and 103 females. The average age was 33.6 years. Fire/flame was the primary injury source. Thirty-six percent of the patients underwent at least one fractional CO laser treatment. All the included patients, including those treated within 1 month after injury, had significantly decreased VSS scores after laser treatment. We also noted that hardness and redness scores were decreased after treatment for both scars treated within 3 months and those treated more than 12 months after injury. Seepage (17.6%), bleeding (22.2%), and swelling (9.0%) were the main adverse events after laser treatment.

結論:

この研究では、初期段階の熱傷跡に適用される切除的フラクショナルCOレーザー治療の安全性と有効性が実証された。熱傷患者へのレーザー適用の最適な時期は、受傷後1ヶ月以内である。デューロメトリーとスペクトロコロリメトリーは、客観的な手法として傷跡を評価するのに有効であった。Lasers Surg.2020 Wiley Periodicals LLC.

CONCLUSIONS: This study demonstrated the safety and efficacy of ablative fractional CO laser treatment applied to early-stage burn scars. The optimal time for laser application for burn patients can be within 1 month after injury. Durometry and spectrocolorimetry were effective for assessing scars as objective modalities. Lasers Surg. Med. © 2020 Wiley Periodicals LLC.

© 2020 Wiley Periodicals LLC.