国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ドイツにおける初のCytauxzoon sp.感染症の報告:家猫における生物学的説明と分子的確認 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Parasitol. Res..2020 Jul;10.1007/s00436-020-06811-3. doi: 10.1007/s00436-020-06811-3.Epub 2020-07-17.

ドイツにおける初のCytauxzoon sp.感染症の報告:家猫における生物学的説明と分子的確認

First report of Cytauxzoon sp. infection in Germany: organism description and molecular confirmation in a domestic cat.

  • Luciana Cătălina Panait
  • Graham Stock
  • Majda Globokar
  • Jörg Balzer
  • Bernhard Groth
  • Andrei Daniel Mihalca
  • Nikola Pantchev
PMID: 32677003 DOI: 10.1007/s00436-020-06811-3.

抄録

Cytauxzoonosisは、Cytauxzoon属の原虫が原因で発生する家畜や野生のフェレットのマダニ媒介性疾患で、アメリカ大陸では致死性疾患とされているが、ヨーロッパでは臨床的な発現報告が少ない。アメリカ大陸では致死的な疾患とされているが,ヨーロッパでは臨床的にはほとんど報告されていない.本研究では、ドイツでの初の家猫のCytauxzoon sp.感染例を報告する。Saarlouis(ザールランド州)に住む6歳のオスの家猫が食欲不振、無気力、体重減少を呈した。この猫は屋外での生活をしており、海外旅行はしていなかった。血清臨床化学分析の結果、著しく増加した対称性ジメチルアルギニン、高クレアチン血症、高リン酸血症、低アルブミン血症を伴うアゾテミアが認められた。さらに軽度の非再生性貧血も認められた。これらの所見の約1年前に、この家猫はネコ免疫不全ウイルス(FIV)感染症と診断された。この結果から、腎機能障害による糸球体濾過率の低下が示唆された。血液塗抹検査では,形態学的にピロプラズマを示唆する円形から楕円形のシグネットリング状の細胞内細菌が検出され,寄生度は33.0%であった.PCR解析と18S rRNA遺伝子の塩基配列解析によりCytauxzoon sp.の感染が確認され,既報のCytauxzoon sp.分離株と99〜100%の塩基配列同一性が確認された.今回の報告は、ドイツで初めて分子レベルで確認された家猫のCytauxzoon sp.感染症であり、これらの知見は、特に野生のハエが生息している地域では、屋外の家猫の貧血の症例では、Cytauxzoon症を鑑別診断として考慮すべきであることを示唆しています。

Cytauxzoonosis is described as an emerging tick-borne disease of domestic and wild felids caused by protozoans of the genus Cytauxzoon. While in the Americas the condition is described as a fatal disease, in Europe, reports on the clinical expression of the infection are scarce. This study describes the first case of Cytauxzoon sp. infection in Germany, in a domestic cat. A 6-year-old male domestic cat living in Saarlouis (Saarland) was presented with anorexia, lethargy and weight loss. The cat had an outdoor lifestyle and had not travelled abroad. Serum clinical chemistry analysis revealed azotaemia with markedly increased symmetric dimethylarginine, hypercreatinemia, hyperphosphatemia and hypoalbuminemia. Moreover, a mild non-regenerative anaemia was present. Approximately 1 year prior to these findings, the domestic cat was diagnosed with a feline immunodeficiency virus (FIV) infection. These results pointed toward a decreased glomerular filtration rate, presumably as a result of kidney dysfunction. Round to oval signet ring-shaped intraerythrocytic organisms, morphologically suggestive for a piroplasm, were revealed during blood smear evaluation with a degree of parasitaemia of 33.0%. PCR analyses and sequencing of a region of the 18S rRNA gene confirmed the presence of a Cytauxzoon sp. infection, with 99-100% nucleotide sequence identity with previously published Cytauxzoon sp. isolates. As this is the first molecularly confirmed Cytauxzoon sp. infection in a domestic cat in Germany, these findings suggest that cytauxzoonosis should be considered as a differential diagnosis in cases of anaemia in outdoor domestic cats, particularly in areas where wild felid populations are present.