国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

日本における全例市販後観察試験における切除不能甲状腺癌患者594例を対象としたレンバチニブの安全性と有効性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Adv Ther.2020 Jul;10.1007/s12325-020-01433-8. doi: 10.1007/s12325-020-01433-8.Epub 2020-07-16.

日本における全例市販後観察試験における切除不能甲状腺癌患者594例を対象としたレンバチニブの安全性と有効性

Safety and Effectiveness of Lenvatinib in 594 Patients with Unresectable Thyroid Cancer in an All-Case Post-Marketing Observational Study in Japan.

  • Shunji Takahashi
  • Makoto Tahara
  • Koichi Ito
  • Masayuki Tori
  • Naomi Kiyota
  • Katsutoshi Yoshida
  • Yukinori Sakata
  • Akira Yoshida
PMID: 32676927 DOI: 10.1007/s12325-020-01433-8.

抄録

序論:

レンバチニブは、分化型甲状腺がん(DTC)、髄様甲状腺がん(MTC)、未分化甲状腺がん(ATC)を含む、切除不能な甲状腺がんのすべての組織型の患者さんの治療薬として日本で承認されています。しかし、日本人患者における安全性と有効性のデータは限られている。そこで、本研究では、日本人の切除不能甲状腺癌患者を対象に、日常臨床でのlenvatinibの安全性と有効性を評価するためのプロスペクティブな市販後観察試験を実施した。

INTRODUCTION: Lenvatinib is approved in Japan for treating patients with all histological subtypes of unresectable thyroid cancer, including differentiated thyroid cancer (DTC), medullary thyroid cancer (MTC), and anaplastic thyroid cancer (ATC). However, safety and effectiveness data are limited in Japanese patients. Therefore, this prospective, post-marketing observational study evaluated, in daily clinical practice, the safety and effectiveness of lenvatinib in Japanese patients with unresectable thyroid cancer.

方法:

2015年5月から11月の間にレンバチニブの初回治療を受けた切除不能な甲状腺がん患者全員を登録した。患者はレンバチニブを経口投与され,12カ月間追跡調査された.エンドポイントは、副作用(ADR)、全生存期間(OS)、全奏効率(ORR)、治療失敗までの期間とした。12ヵ月間の全生存率に関連する予後因子を評価するために、ポストホックCox多変量解析を実施しました。

METHODS: All patients with unresectable thyroid cancer first treated with lenvatinib between May and November 2015 were registered. Patients were orally administered lenvatinib and followed up for 12 months. The endpoints included adverse drug reactions (ADRs), overall survival (OS), overall response rate (ORR), and time-to-treatment failure. Post hoc Cox multivariate analyses were performed to assess prognostic factors associated with the 12-month OS rate.

結果:

登録患者 629 例のうち、594 例が解析対象となった。DTCは442例(74.4%)、MTCは28例(4.7%)、ATCは124例(20.9%)であった。高血圧、蛋白尿、手掌足底赤血球感覚症候群は、すべての組織型のサブタイプにわたって最も頻繁に報告されたADRであった。全生存期間中央値はATCで101.0日であったが、DTCとMTCでは未達成であり、12ヵ月全生存率はそれぞれ15.6%、75.7%、83.0%であった。DTC患者368例、MTC患者20例、ATC患者105例のORRはそれぞれ59.2%、45.0%、43.8%であった。多変量解析の結果、DTC患者ではEastern Cooperative Oncology Group Performance Status(ECOG PS)、腫瘍の大きさ、腫瘍浸潤の有無、体重がOSに影響を与えるベースラインの予後因子であったが、ATC患者ではECOG PSと肝転移の有無が予後因子であることが明らかになった。

RESULTS: Of 629 registered patients, 594 were included in the analysis. A total of 442 patients (74.4%) had DTC, 28 (4.7%) had MTC, and 124 (20.9%) had ATC. Hypertension, proteinuria, and palmar-plantar erythrodysesthesia syndrome were the most frequently reported ADRs across all histological subtypes. The median OS was 101.0 days in patients with ATC which was not reached in patients with DTC and patients with MTC, with 12-month OS rates of 15.6%, 75.7%, and 83.0%, respectively. The ORRs were 59.2%, 45.0%, and 43.8% among 368 patients with DTC, 20 with MTC, and 105 with ATC, respectively. Multivariate analyses revealed that Eastern Cooperative Oncology Group performance status (ECOG PS), tumor size, the presence of tumor invasion, and body weight were baseline prognostic factors affecting OS in patients with DTC, while ECOG PS and the presence of liver metastasis were prognostic factors in patients with ATC.

結論:

レンバチニブは、日本の実環境下で甲状腺がん患者に対して許容できる安全性プロファイルを示した。本試験におけるレンバチニブの安全性プロファイルと有効性の知見は、組織学的サブタイプにかかわらず、これまでの臨床試験で得られた知見と一致していた。

CONCLUSION: Lenvatinib demonstrated an acceptable safety profile for patients with thyroid cancer in a real-world setting in Japan. The safety profile and effectiveness findings for lenvatinib in this study were consistent with those from previous clinical trials, irrespective of histological subtype.