国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

多民族がん生存者におけるサバイバーシップケアのニーズ、症状経験、および生活の質の経路分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Support Care Cancer.2020 Jul;10.1007/s00520-020-05631-6. doi: 10.1007/s00520-020-05631-6.Epub 2020-07-16.

多民族がん生存者におけるサバイバーシップケアのニーズ、症状経験、および生活の質の経路分析

Path analysis of survivorship care needs, symptom experience, and quality of life among multiethnic cancer survivors.

  • Wei How Darryl Ang
  • Ying Lau
  • Lay Poh Ednajoy Ngo
  • An Ling Siew
  • Neo Kim Emily Ang
  • Violeta Lopez
PMID: 32676855 DOI: 10.1007/s00520-020-05631-6.

抄録

目的:

がんサバイバーは、サバイバーシップの過程を超えて持続する問題を経験し続けている。本研究は、パス分析的手法を用いて、多民族がんサバイバーのサバイバーシップケアの必要性、症状経験、およびQoL(生活の質)との関係を探ることを目的としている。

PURPOSE: Cancer survivors continue to experience issues that persist across the survivorship trajectory. This study aims to explore the relationship among survivorship care need, symptom experience, and quality of life (QoL) of multiethnic cancer survivors by using path analytic methods.

方法:

参加者は、入院患者および外来患者に腫瘍学および血液学のサービスを提供しているシンガポールの学術医療センターから募集した。Cancer Survivor Unmet Needs尺度、Cancer Survivors' Survey of Needsツールの身体的影響サブスケール、Global QoL 10点リッカート尺度を用いて、サバイバーシップケアのニーズ、症状経験、およびQoLを特定した。記述統計学を用いて、社会人口統計学的情報、サバイバーシップの総ニーズ、経験した症状、QoLのスコアを算出した。症状経験モデルを仮説モデルとして用いた。サバイバーシップケアニーズ、症状経験、QOLの関係を評価するために、モーメント構造分析を用いて経路分析を行った。

METHODS: Participants were recruited from an academic medical center in Singapore that provides inpatient and outpatient oncology and hematology service. The Cancer Survivor Unmet Needs measure, physical effects subscale of the Cancer Survivors' Survey of Needs tool, and a Global QoL 10-point Likert scale were used to identify survivorship care needs, symptom experience, and QoL. Descriptive statistics were used to compute sociodemographic information, total survivorship needs, symptom experienced, and quality of life scores. The symptom experience model was used as the hypothetical model. The Analysis of Moment Structure was used to conduct the path analysis to evaluate the relationship between survivorship care needs, symptom experience, and quality of life.

結果:

高齢のがん生存者は、がんに罹患している期間が長かった可能性が高い。男性は固形腫瘍悪性腫瘍に罹患している可能性は低かった。固形腫瘍悪性腫瘍の生存者は支持療法を必要とする可能性が低かった。より多くの支持療法を必要とする生存者は、症状の負担が大きい可能性が高かった。症状が多いがん生存者はQoLが不良であった。本研究の知見は、症状体験モデルを部分的に支持した。

RESULTS: Older cancer survivors were more likely to have spent a longer duration having cancer. Males were unlikely to suffer from solid tumor malignancies. Survivors with solid tumor malignancies were less likely to require supportive care. Survivors who require more supportive care were more likely to have a greater symptom burden. Cancer survivors with more symptoms have poorer QoL. The findings from this study partially supported the symptom experience model.

結論:

その結果、がんサバイバーはサバイバーシップの軌跡を通じて症状を経験し続けていることが明らかになった。この結果は、サバイバーシップ・ケアの計画と実行の際に看護師に情報を提供するものである。

CONCLUSIONS: Our findings reveal that cancer survivors continue to experience symptoms across the survivorship trajectory. The results provide information for nurses during the planning and execution of survivorship care.