会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

インスリン抵抗性患者における脂質の口腔知覚障害に関連する口腔内微生物叢のシグネチャーの同定 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Diabetol.2020 Jul;10.1007/s00592-020-01567-9. doi: 10.1007/s00592-020-01567-9.Epub 2020-07-16.

インスリン抵抗性患者における脂質の口腔知覚障害に関連する口腔内微生物叢のシグネチャーの同定

Identification of an oral microbiota signature associated with an impaired orosensory perception of lipids in insulin-resistant patients.

  • Philippe Besnard
  • Jeffrey E Christensen
  • Arnaud Bernard
  • Isabelle Simoneau-Robin
  • Xavier Collet
  • Bruno Verges
  • Rémy Burcelin
PMID: 32676702 DOI: 10.1007/s00592-020-01567-9.

抄録

エーアイエムズ:

2型糖尿病は、特に味覚の感度に影響を与える複数の感覚障害をもたらします。この感覚障害は、食物の選択に影響を与えることで、不健康な摂食行動につながる可能性がありますが、その根本的なメカニズムについては、まだ十分な研究がなされていません。我々は最近、除脂肪肥満者と正常血糖症肥満者の脂質の口腔知覚に影響を与える可能性があることを報告した。この知見は、このような現象が糖尿病性肥満患者にも起こるかどうかを探ることを促している。

AIMS: Type 2 diabetes leads to multiple sensory dysfunctions affecting notably the gustatory sensitivity. Although this sensory defect, by impacting food choices, might lead to unhealthy eating behavior, underlying mechanisms remains poorly studied. We have recently reported that the composition of microbiota in contact with circumvallate gustatory papillae might affect the orosensory perception of lipids in lean and normoglycemic obese subjects. This finding has prompted us to explore whether such a phenomenon also occurs in diabetic obese patients.

方法:

男性インスリン抵抗性患者および体重をマッチさせた健常対照者のリノール酸知覚閾値と組み合わせて,円環状乳頭周囲の微生物叢の組成を分析した.2つの補完的比較を行った。(1)コントロールと糖尿病患者、(2)糖尿病低脂質テイスターと糖尿病高脂質テイスターの2つの補完的比較を行った。

METHODS: The composition of microbiota surrounding the circumvallate papillae was analyzed in combination with the linoleic acid perception thresholds in male insulin-resistant patients and weight-matched healthy controls. Two complementary comparisons were performed: (1) controls vs diabetic and (2) diabetic low-lipid tasters versus diabetic high-lipid tasters.

結果:

口腔内微生物叢の組成に微妙な変化があるにもかかわらず、対照群と糖尿病患者の口腔内脂質知覚を比較しても、リノール酸知覚閾値の個人間ばらつきが大きいため、識別可能なデータは得られなかった。対照的に、糖尿病患者の低脂血症と高脂血症を比較することで、特異的な細菌のシグネチャーが発見され、分子経路の違いにつながった。驚くべきことに、脂肪分の少ない味覚は主にメトホルミンやスタチンで治療された患者に見られ、これらの抗糖尿病薬や高脂血症薬が味覚に及ぼす副作用の可能性を示唆しています。

RESULTS: Despite subtle modifications in the oral microbiota composition, comparison of orosensory lipid perception in controls and diabetic subjects did not lead to discriminating data due to the large inter-individual variability of linoleic acid perception thresholds. In contrast, specific bacterial signatures were found by comparing diabetic low- and high-lipid tasters leading to differential molecular pathways. Surprisingly, a lower fatty taste perception was mainly found in patients treated with metformin and/or statins, suggesting a possible side effect of these antidiabetic and/or hypolipidemic drugs on taste acuity.

結論:

これらのデータをまとめると、これらのデータは、脂肪の味の検出に欠陥を持つ糖尿病患者は、円周乳頭レベルで特定の微生物の代謝によって特徴付けられることを示している、この発生は、一般的にT2Dの有害な代謝効果を打ち消すために使用される薬剤によって増幅されているように思われる。オリジナルの先行研究の試験登録。ClinicalTrials.gov #NCT02028975。

CONCLUSIONS: Collectively, these data show that the diabetic patients with defective fatty taste detection are characterized by a specific microbiota metabolism at the circumvallate papillae levels, this occurrence seeming amplified by drugs commonly used to counteract the damaging metabolic effects of T2D. Trial registration for original previous studies: ClinicalTrials.gov #NCT02028975.