国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

肺がん早期発見における胸部X線検査の役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transl Lung Cancer Res.2020 Jun;9(3):522-531. tlcr-09-03-522. doi: 10.21037/tlcr.2020.04.02.

肺がん早期発見における胸部X線検査の役割

Role of chest radiographs in early lung cancer detection.

  • Junghyun Kim
  • Kwan Hyoung Kim
PMID: 32676316 PMCID: PMC7354112. DOI: 10.21037/tlcr.2020.04.02.

抄録

背景:

肺がんは、がんの中で2番目に多く、最も死亡率が高いがんの形態である。がん検診の主要な方法として低線量CT(コンピュータ断層撮影)が毎年行われているが、放射線被曝による潜在的な健康リスクだけでなく、資源に関しても課題がある。胸部X線撮影(CXR)は、効果は低いが、頻繁にかつ一般的に使用されている。さらに、臨床現場ではCXRが最初に使用される画像モダリティであることが多く、CXRで異常が検出された場合には、その後にコンピュータ断層撮影が行われる。本研究では、臨床現場で複数のCXRを並べて比較し、気晴らしや時間的制約をコントロールすることで、肺がん病変を示す放射線異常の早期発見に役立つかどうかを検討した。

Background: Lung cancer is the second most common and the most fatal form of cancer. Although annual low-dose computed tomography is used as the primary method of cancer screening, it presents challenges regarding resources as well as potential health risks from radiation exposure. Chest radiography (CXR), though less effective, is used frequently and commonly. Moreover, often in clinical settings, CXR is the first imaging modality used; computed tomography is subsequently performed if abnormalities are detected on CXRs. This study examined whether controlling for distractors and time constraints, as well as side-by-side comparison of multiple CXRs in clinical settings can aid earlier detection of radiological abnormalities indicative of lung cancer lesions.

方法:

韓国の主治医32人が肺がん50例の1750枚のX線写真を検査した。ホットスポット」技術を用いて、参加者はそれぞれのX線写真にがん病変の可能性のある位置を示した。その後、肺がんと診断された解剖学的領域に焦点を当てるためにトリミングされた同じX線写真が、参加者に並べて表示された。参加者は、最初に肺がんの診断を可能にし、最初に可能性のある病変を示したX線写真を特定するように求められた。

Methods: Thirty-two attending physicians in the Republic of Korea examined 1,750 radiographs of 50 lung cancer cases. Using "hot spot" technology, participants indicated the possible locations of cancer lesions on each radiograph. Subsequently, the same radiographs, cropped to focus the anatomical regions where lung cancers were diagnosed, were shown side-by-side to the participants. The participants were asked to identify the radiograph which first enabled the diagnosis of lung cancer and which first showed a possible lesion.

結果:

全身的な制約を取り除くだけで、病変の同定が221.72±9.69日と有意に改善した。X線写真を並べて提示し、関連領域を切り取って提示すると、CXR上の隠れた領域と開いた領域の両方でがんの検出にさらに有意かつ肯定的な影響を与えた。また、病変の大きさが小さく、実際に診断されるよりも早期に発見された。

Results: Removal of systemic constraints alone significantly improved lesion identification by 221.72±9.69 days. Presenting radiographs side-by-side, cropped to relevant areas, had an additional significant and positive impact on cancer detection in both hidden and open areas on CXRs. Also, lesions were detected at smaller sizes and earlier than when actually diagnosed.

結論:

改良された方法と設定のCXRは、現在の臨床画像診断の設定と比較して、肺がんを早期に発見するための、容易にアクセスでき、リスクの低い画像診断方法を提供する。さらに、本研究では、放射線学的異常を検出するために、複数のX線写真の切り取られた領域を並べて比較できるプログラムの潜在的な有効性を実証した。

Conclusions: CXR with improved methods and settings provides an easily accessible and low-risk imaging method for earlier detection of lung cancer compared to current clinical imaging settings. Further, this study demonstrates the potential effectiveness of programs that allow side-by-side comparisons of cropped areas of multiple radiographs to detect radiological abnormalities.

2020 Translational Lung Cancer Research. All rights reserved.