会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

インドの亜湿地の女性における農薬リスクと再発性妊娠喪失について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Niger Med J.2020 Mar-Apr;61(2):55-59. NMJ-61-55. doi: 10.4103/nmj.NMJ_117_18.Epub 2020-05-07.

インドの亜湿地の女性における農薬リスクと再発性妊娠喪失について

Pesticide Risk and Recurrent Pregnancy Loss in Females of Subhumid Region of India.

  • Akancha Pandey
  • Shyam Pyari Jaiswar
  • Nasreen Ghazi Ansari
  • Sujata Deo
  • Pushplata Sankhwar
  • Shriya Pant
  • Sushil Upadhyay
PMID: 32675895 PMCID: PMC7357805. DOI: 10.4103/nmj.NMJ_117_18.

抄録

研究の目的:

本研究の目的は、再発性妊娠喪失(RPL)の症例における農薬のレベルとその役割を明らかにすることである。

Objective: The objective of this study is to determine the level of pesticides and their role in cases of recurrent pregnancy loss (RPL).

材料と方法:

これは症例対照研究として計画された。ガスクロマトグラフィーを用いて、症例70人と対照70人の農薬レベルを特徴付けた。症例とは、RPLを有する女性を指し、対照群とは、完熟分娩の女性を指している。

Materials and Methods: This was designed as a case-control study. Gas chromatography was used to characterize the pesticide level in 70 cases and 70 controls. Case refers to women with RPL, whereas controls refer to women with full-term delivery.

結果:

β-ヘキサクロロシクロヘキサン、マラチオン、クロルピリホス、フェンバレレートなどの農薬が対照群に比べて高いレベルで検出された(<0.05)。

Results: A higher level of pesticide, namely beta-hexachlorocyclohexane, malathion, chlorpyrifos, and fenvalerate was found in the case group as compared to control group ( < 0.05).

結論:

本研究では、インドの亜湿潤地域の女性において、農薬(有機塩素系および有機リン酸塩)の高曝露がRPLのリスクを高める可能性が示唆された。

Conclusions: The present study suggests that high exposure of pesticide (organochlorine and organophosphates) may increase the risk of RPL in females of the subhumid region of India.

Copyright: © 2020 Nigerian Medical Journal.