会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

メキシコの炎症性腸疾患患者における疲労と関連したメンタルヘルス要因 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Clin. Gastroenterol..2020 Jul;doi: 10.1097/MCG.0000000000001397.Epub 2020-07-14.

メキシコの炎症性腸疾患患者における疲労と関連したメンタルヘルス要因

Mental Health Factors Associated With Fatigue in Mexican Patients With Inflammatory Bowel Disease.

  • Ana Fresán Orellana
  • Norma N Parra Holguín
  • Jesus K Yamamoto-Furusho
PMID: 32675632 DOI: 10.1097/MCG.0000000000001397.

抄録

目標:

本研究の目的は,炎症性腸疾患(IBD)患者における疲労の発現に関連するメンタルヘルス要因を記述することであった。

GOALS: The aim of this study was to describe mental health factors associated with the development of fatigue in inflammatory bowel disease (IBD) patients.

背景:

IBDには潰瘍性大腸炎とクローン病が含まれます。慢性疾患を有する患者は、一般的に健康な集団に代表されるものとは異なり、質的にもより深刻な疲労を呈する可能性がある。

BACKGROUND: IBD includes ulcerative colitis and Crohn's disease. Patients with chronic diseases can present fatigue differently and qualitatively more severely than those typically represented by healthy populations.

研究:

これは、国立医療科学・栄養研究所の炎症性腸疾患クリニックに通院していたメキシコ人患者200人を対象とした横断的研究である。全患者が,最初のIBD-疲労,HADS(Hospital Anxiety and Depression Scale),PSQI(Pittsburgh Sleep Quality Index)の3つの尺度に回答した.統計解析は、統計プログラムSPSS v 24で行った。

STUDY: This was a cross-sectional study in which 200 Mexican patients were attending the Inflammatory Bowel Disease Clinic at the National Institute of Medical Sciences and Nutrition. All patients answered 3 instruments: the first IBD-fatigue, HADS (Hospital Anxiety and Depression Scale), and PSQI (Pittsburgh Sleep Quality Index). The statistical analysis was carried out in the statistical program SPSS v 24.

結果:

我々の患者の疲労の割合は、軽度・中等度の疲労が55.5%(n=111)、重度の疲労が31.5%(n=63)で、疲労がないのは13%(n=26)のみであった。睡眠障害と睡眠潜時がIBD患者の疲労の最も重要な予測因子であった。

RESULTS: The percentage of fatigue in our patients was 55.5% (n=111) for mild-moderate fatigue, 31.5% (n=63) for severe fatigue, and only 13% (n=26) had no fatigue. Sleep disturbance and sleep latency were the most important predictors of fatigue in IBD patients.

結論:

メキシコのIBD患者では、睡眠の質とうつ病が疲労に影響を与えている。これらの症状を軽減し,IBD患者の生活の質を向上させるためには,集学的管理が重要である。

CONCLUSIONS: Sleep quality and depression have an impact on fatigue in Mexican patients with IBD. It is important for multidisciplinary management to reduce these symptoms and improve the quality of life of patients with IBD.