会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

腰椎ラジカル症を有する慢性腰痛患者における腰椎安定化運動プログラムと胸椎モビライゼーション運動プログラムの疼痛強度および機能障害の軽減に対する有効性。無作為化比較試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Back Musculoskelet Rehabil.2020 Jul;BMR201843. doi: 10.3233/BMR-201843.Epub 2020-07-10.

腰椎ラジカル症を有する慢性腰痛患者における腰椎安定化運動プログラムと胸椎モビライゼーション運動プログラムの疼痛強度および機能障害の軽減に対する有効性。無作為化比較試験

Efficacy of the lumbar stabilization and thoracic mobilization exercise program on pain intensity and functional disability reduction in chronic low back pain patients with lumbar radiculopathy: A randomized controlled trial.

  • Stefan Kostadinović
  • Nenad Milovanović
  • Jelena Jovanović
  • Snežana Tomašević-Todorović
PMID: 32675390 DOI: 10.3233/BMR-201843.

抄録

背景:

慢性腰痛の治療における運動プログラムは多岐にわたりますが、安定化運動が最も効果的であることが証明されています。

BACKGROUND: Exercise programs in the treatment of chronic lumbar pain are quite diverse, but it has been proven that stabilization exercises are the most effective.

目的:

閉鎖・開放運動連鎖型腰椎安定化運動プログラム(LSCO)と閉鎖運動連鎖型腰椎安定化運動・胸部モビライゼーションプログラム(LSTMC)を比較し、それぞれのプログラムの臨床効果を評価した。

OBJECTIVE: We compared the lumbar stabilization exercise program in a closed and open kinetic chain (LSCO) and lumbar stabilization exercises and thoracic mobilization program in a closed kinetic chain (LSTMC), and evaluated the clinical effectiveness of each program.

方法:

慢性腰痛(CLBP)患者80名を対象としたプロスペクティブ無作為化比較試験で、男女ともに腰部ラジカル障害(男性35名、女性45名)、平均年齢(48.45±10.22歳)の患者を2群に分け、異なるエクササイズを行った。参加者には、レーザー治療、経皮的電気神経刺激、深部腰椎スタビライザーを強化するエクササイズを含む8週間のキネシオセラピーが行われた。4週間後と8週間後に再検査を行った。

METHODS: Prospective, randomized, controlled trial in 80 chronic low back pain (CLBP) patients with lumbar radiculopathy of both sexes (35 male, 45 female), average age (48.45 ± 10.22 years), divided in two groups that performed different sets of exercises. Participants were given laser therapy, transcutaneous electro-nerve stimulation and an eight-week kinesiotherapy that included exercises to strengthen the deep lumbar spine stabilizers. Retesting was done after four and eight weeks.

結果:

疼痛強度と機能障害パラメータのすべての測定間隔において、LSCO群と比較して、LSTMC群の被験者は統計学的に有意(p<0.05)な優れた回復が得られた。

RESULTS: Statistically significant (p< 0.05) superior recovery of the LSTMC group subjects compared to the LSCO group was achieved at all measurement intervals in the pain intensity and functional disability parameters.

結論:

腰部安定化運動と胸部動員運動プログラムをクローズドキネティックチェーンで実施した患者は、疼痛強度と機能的障害の軽減が最も効果的であった。

CONCLUSION: Patients who performed the lumbar stabilization and thoracic mobilization exercise program in a closed kinetic chain had the most effective reduction of pain intensity and functional disability.