会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

社会的優位性を定義する行動的特徴は、コンセンサスタスクでの社会的影響力を低下させるのと同じである | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A..2020 Jul;202000158. doi: 10.1073/pnas.2000158117.Epub 2020-07-16.

社会的優位性を定義する行動的特徴は、コンセンサスタスクでの社会的影響力を低下させるのと同じである

Behavioral traits that define social dominance are the same that reduce social influence in a consensus task.

  • Mariana Rodriguez-Santiago
  • Paul Nührenberg
  • James Derry
  • Oliver Deussen
  • Fritz A Francisco
  • Linda K Garrison
  • Sylvia F Garza
  • Hans A Hofmann
  • Alex Jordan
PMID: 32675244 DOI: 10.1073/pnas.2000158117.

抄録

支配的な個体はしばしば社会集団の中で最も影響力を持ち、種や文脈を超えて運動や意見、パフォーマンスに影響を与えます。しかし、攻撃性、脅迫性、強要性などの行動特性は、多くの場合、優越性と関連しており、優越性を定義するものであるが、社会的に忌避されることもある。そのため、ある文脈で支配的な個人が影響力を持つようになる特徴は、他の文脈での影響力を低下させる可能性がある。本研究では、シクリッドフィッシュを用いて、通常の社会的相互作用とより複雑な集団合意形成タスクにおける支配的オスと従属的オスの影響力を比較し、支配力と影響力の関連性を検討した。その結果、表現型的に支配的なオスは攻撃的で社会的に中心的であり、通常の集団行動に強い影響力を持っているのに対し、従属的なオスは受動的で社会的に周辺的であり、通常の集団行動にはほとんど影響力を持たないことがわかった。しかし、下位の男性は、連想課題において集団の合意形成に最も大きな影響力を持っている。優性の男性は空間的に距離があり、関連付け課題での情報提供行動のS/N比が低いため、グループの合意形成能力が阻害される可能性がある。対照的に、従属的な男性は、他のグループメンバーと物理的に近く、情報提供行動の信号対雑音比が高く、支配的な男性と同等の視覚的なグループへのつながりを持っています。このように、効果的な社会的影響力を定義する行動形質は、非常に文脈に特異的であり、社会的優位性とは切り離すことができます。したがって、最も攻撃的、競争的、または高圧的な個人が支配的な地位に上り詰める階層的上昇のプロセスは、グループのパフォーマンスが優先される文脈では逆効果になる可能性があります。

Dominant individuals are often most influential in their social groups, affecting movement, opinion, and performance across species and contexts. Yet, behavioral traits like aggression, intimidation, and coercion, which are associated with and in many cases define dominance, can be socially aversive. The traits that make dominant individuals influential in one context may therefore reduce their influence in other contexts. Here, we examine this association between dominance and influence using the cichlid fish , comparing the influence of dominant and subordinate males during normal social interactions and in a more complex group consensus association task. We find that phenotypically dominant males are aggressive, socially central, and that these males have a strong influence over normal group movement, whereas subordinate males are passive, socially peripheral, and have little influence over normal movement. However, subordinate males have the greatest influence in generating group consensus during the association task. Dominant males are spatially distant and have lower signal-to-noise ratios of informative behavior in the association task, potentially interfering with their ability to generate group consensus. In contrast, subordinate males are physically close to other group members, have a high signal-to-noise ratio of informative behavior, and equivalent visual connectedness to their group as dominant males. The behavioral traits that define effective social influence are thus highly context specific and can be dissociated with social dominance. Thus, processes of hierarchical ascension in which the most aggressive, competitive, or coercive individuals rise to positions of dominance may be counterproductive in contexts where group performance is prioritized.

Copyright © 2020 the Author(s). Published by PNAS.