会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

総スフィンゴシン1-リン酸およびタンパク質結合型スフィンゴシン1-リン酸の循環レベルと骨粗鬆症性骨折との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Investig. Med..2020 Jul;jim-2020-001322. doi: 10.1136/jim-2020-001322.Epub 2020-07-15.

総スフィンゴシン1-リン酸およびタンパク質結合型スフィンゴシン1-リン酸の循環レベルと骨粗鬆症性骨折との関連

Association of circulating levels of total and protein-bound sphingosine 1-phosphate with osteoporotic fracture.

  • Ha Eun Song
  • Seung Hun Lee
  • Su Jung Kim
  • Beom-Jun Kim
  • Hyun Ju Yoo
  • Jung-Min Koh
PMID: 32675084 DOI: 10.1136/jim-2020-001322.

抄録

循環中のスフィンゴシン1-リン酸(S1P)の生物学的活性と効果は、キャリアタンパク質に依存している可能性がある。S1Pは骨粗鬆症性骨折(OF)のバイオマーカーとして知られているが、そのキャリアタンパク質(高密度リポタンパク質(HDL)、低密度リポタンパク質(LDL)、またはアルブミン)に応じた役割はまだ研究されていない。我々は、OFを持つ58の閉経後の女性と58の年齢と体格指数を一致させた閉経後の女性のタンパク質結合S1Pレベルと骨密度(BMD)を測定したOFなし。アルブミン結合S1Pが最も豊富であった。調整前に、OFを持つ女性は、OFなしでそれらよりも高い総S1P(p=0.046)とアルブミン結合S1P(p=0.026)レベルを持っていたが、HDL結合またはLDL結合S1Pのレベルに差はありませんでした。BMDを含む交絡因子を調整した後、OFを持つ女性は、OFなしの女性に比べて総S1Pのレベルが高いだけであった(p=0.047)。調整前のOFのORは、総S1P(OR 5.36、95%CI 1.22~23.63)またはアルブミン結合S1P(OR 4.48、95%CI 1.22~16.42)の最高四分位の被験者で高かった。BMDを含む交絡因子を調整した後、統計的有意性は総S1Pのみで持続した(OR 2.23、95%CI 1.12~4.81)。これらの所見から、S1PとOFの正の関連は、主に血漿中S1P総量によるものであり、特定のキャリアタンパク質結合画分の寄与の違いによるものではないことが示唆された。

The biological activity and effects of circulating sphingosine 1-phosphate (S1P) might be dependent on the carrier protein. Although S1P is known to be a biomarker for osteoporotic fracture (OF), its role according to its carrier protein (high-density lipoprotein (HDL), low-density lipoprotein (LDL), or albumin) has not yet been studied. We measured the protein-bound S1P levels and bone mineral density (BMD) in 58 postmenopausal women with OF and 58 age-matched and body mass index-matched postmenopausal women without OF. Albumin-bound S1P was the most abundant. Before adjustment, women with OF had higher total S1P (p=0.046) and albumin-bound S1P (p=0.026) levels than those without OF, but there was no difference in the levels of HDL-bound or LDL-bound S1P. After adjustment for confounders including BMD, women with OF had only higher levels of total S1P than those without OF (p=0.047). Before adjustment, the OR for OF was higher in subjects in the highest quartile for total S1P (OR 5.36, 95% CI 1.22 to 23.63) or albumin-bound S1P (OR 4.48, 95% CI 1.22 to 16.42). After adjustment for confounders including BMD, statistical significance persisted only for total S1P (OR 2.23, 95% CI 1.12 to 4.81). These findings suggest that the positive association of S1P with OF is mainly due to level of total plasma S1P and not due to the differing contributions from specific carrier protein-bound fractions.

© American Federation for Medical Research 2020. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.