会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ギラン・バレ症候群と診断されたメキシコ人成人の電気生理学的サブタイプと関連する予後因子、単一施設での経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Neurosci.2020 Jul;S0967-5868(20)30394-5. doi: 10.1016/j.jocn.2020.04.059.Epub 2020-07-13.

ギラン・バレ症候群と診断されたメキシコ人成人の電気生理学的サブタイプと関連する予後因子、単一施設での経験

Electrophysiological subtypes and associated prognosis factors of Mexican adults diagnosed with Guillain-Barré syndrome, a single center experience.

  • Juan Carlos López-Hernández
  • Luis Enrique Colunga-Lozano
  • Sofia Garcia-Trejo
  • Enrique Gomez-Figueroa
  • Guillermo Delgado-Garcia
  • Lisette Bazán-Rodríguez
  • Roberto Cervantes-Uribe
  • Jorge Burgos-Centeno
  • Francisca Fernandez-Valverde
  • Edwin Steven Vargas-Cañas
PMID: 32674942 DOI: 10.1016/j.jocn.2020.04.059.

抄録

背景:

ギラン・バレ症候群(GBS)と診断されたメキシコ人成人の電気生理学的サブタイプの臨床的特徴と予後因子については、これまで記載されていませんでした。

BACKGROUND: The clinical characteristics of electrophysiological subtypes and prognostic factors of Mexican adults diagnosed with Guillain-Barré Syndrome (GBS) have not been described.

材料および方法:

単一施設でのアンビスペクティブなコホート研究が行われた(2015-2019年)。GBSはAsburyおよびCornblath基準に従って定義した。電気診断はHadden基準に従った。臨床的、生化学的、電気診断的パラメータを記載し、比較し、多変量モデルを用いて分析した。3ヵ月間の追跡調査を完了した患者のみを対象とした。

MATERIALS AND METHODS: A single center, ambispective, cohort study was performed (2015-2019). GBS was defined following the Asbury and Cornblath criteria. Electrodiagnosis was made according to Hadden criteria. Clinical, biochemical and electrodiagnostic parameters were described, compared and analyzed using a multivariate model. Only patients who completed a 3-month follow-up were included.

結果:

GBS患者137名(男性92名、平均年齢46.6±16.6歳)132名(96.3%)が電気診断を受け、68名(51.5%)が軸索性GBSに分類され、さらに急性運動性軸索性神経障害(AMAN)45.4%、急性運動性・感覚性軸索性神経障害(AMSAN)8.6%の2群に分類されました。以下の特徴はAMAN群で低かった。多変量解析の結果、AMANは好ましくない転帰の独立した予測因子としてOR.3.34(p=0.03)を示した。多変量解析ではAMANが好ましくない転帰の独立した予測因子であることが判明した OR:3.34(p=0.03)。多変量解析の結果、AMANは好ましくない転帰の独立した予測因子であり、OR:3.34(p=0.03)。

RESULTS: 137 GBS patients (92 males; mean age 46.6 ± 16.6).132 (96.3%) underwent an electrodiagnostic assessment.68 (51.5%) were classified as axonal GBS, with further classified into two groups: acute motor axonal neuropathy (AMAN) 45.4%, and acute motor and sensory axonal neuropathy (AMSAN) 8,6%. The following characteristics were lower in the AMAN group: Medical Research Counsel sumscore (MRC) 30.1 ± 16.3 vs 36.4 ± 14.4, unilateral facial palsy 10% vs 25.9% and albuminocytologic dissociation 41.3% vs. 71.7%.Multivariate analysis found AMAN as an independent predictor of an unfavorable outcome OR: 3.34 (p = 0.03) CONCLUSIONS: AMAN subtype is the most frequent presentation of GBS in Mexican adult patients and an independent predictor of inability to walk independently at 3 months after discharge.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.