国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

院内インターバルと院内外傷死亡率。レベルIの外傷センターからのレトロスペクティブ研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Prehosp Disaster Med.2020 Jul;:1-8. S1049023X20000904. doi: 10.1017/S1049023X20000904.Epub 2020-07-17.

院内インターバルと院内外傷死亡率。レベルIの外傷センターからのレトロスペクティブ研究

Prehospital Intervals and In-Hospital Trauma Mortality: A Retrospective Study from a Level I Trauma Center.

  • Hassan Al-Thani
  • Ahammed Mekkodathil
  • Attila J Hertelendy
  • Tim Frazier
  • Gregory R Ciottone
  • Ayman El-Menyar
PMID: 32674744 DOI: 10.1017/S1049023X20000904.

抄録

バックグラウンド:

カタールで見られる死亡率の増加と病院前総時間(TPT)の増加は現実的なもののように見える。しかし、外傷患者の死亡率に対するTPTの影響に関する既存の報告は相反するものである。本研究は、院内転帰に対する院内時間の影響を探ることを目的とした。

BACKGROUND: The increase in mortality and total prehospital time (TPT) seen in Qatar appear to be realistic. However, existing reports on the influence of TPT on mortality in trauma patients are conflicting. This study aimed to explore the impact of prehospital time on the in-hospital outcomes.

方法:

2017年6月から2018年5月までの間に、救急医療サービス(EMS)で生きたまま移送され、ハマド総合病院(HGH;カタール、ドーハ)のハマド外傷センター(HTC)に入院した患者のデータをレトロスペクティブに分析した。本研究は、National Trauma Registryデータベースを中心に行った。患者を外傷トリアージ活性化とプレホスピタル間隔に基づいて分類し、比較分析を行った。

METHODS: A retrospective analysis of data on patients transferred alive by Emergency Medical Services (EMS) and admitted to Hamad Trauma Center (HTC) of Hamad General Hospital (HGH; Doha, Qatar) from June 2017 through May 2018 was conducted. This study was centered on the National Trauma Registry database. Patients were categorized based on the trauma triage activation and prehospital intervals, and comparative analysis was performed.

結果:

総症例数は1,455例で、そのうち4分の1近くの患者が外傷センターでの緊急かつ救命処置を必要としていた(T1活性化)。全体のTPTは70分、現場時間(OST)は24分であった。T2群と比較すると、T1群の患者は交通事故死傷(RTI)に関与している可能性が高く、頭部および胸部外傷を経験しており、Injury Severity Score(ISS:中央値=22)が高く、OSTが延長し(27分)、TPTが減少した(65分、P=0.001)ことが明らかになった。OSTの延長はT1患者の死亡率の上昇と関連していたが、TPTは関連していなかった。

RESULTS: A total of 1,455 patients were included, of which nearly one-quarter of patients required urgent and life-saving care at a trauma center (T1 activations). The overall TPT was 70 minutes and the on-scene time (OST) was 24 minutes. When compared to T2 activations, T1 patients were more likely to have been involved in road traffic injuries (RTIs); experienced head and chest injuries; presented with higher Injury Severity Score (ISS: median = 22); and had prolonged OST (27 minutes) and reduced TPT (65 minutes; P = .001). Prolonged OST was found to be associated with higher mortality in T1 patients, whereas TPT was not associated.

結論:

院内死亡率はTPTとは独立していたが、重症外傷患者ではOSTの延長と関連していた。生存効果はゴールデンアワーを超えて拡大する可能性があり、外傷の特徴、病院前、および院内の設定に依存する可能性がある。

CONCLUSIONS: In-hospital mortality was independent of TPT but associated with longer OST in severely injured patients. The survival benefit may extend beyond the golden hour and may depend on the injury characteristics, prehospital, and in-hospital settings.