国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

妊娠中の薬の使用に関する知識。ヨルダンの薬学生を対象とした全国調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Clin Pharmacol.2020 Jul;CCP-EPUB-108207. doi: 10.2174/1574884715666200716150504.Epub 2020-07-16.

妊娠中の薬の使用に関する知識。ヨルダンの薬学生を対象とした全国調査

Knowledge about Medicine Use in Pregnancy: A National Study among Pharmacy Students in Jordan.

  • Esra' Taybeh
  • Rawan Kokash
  • Ahmad Talhouni
  • Mervat Alsous
PMID: 32674740 DOI: 10.2174/1574884715666200716150504.

抄録

背景:

妊娠中の薬の使用に関する知識は、卒業後の薬剤師にとって、薬に関する問い合わせや妊娠中の女性への服薬に関するカウンセリングを担当することになるため、懸念材料の一つとなっている。本研究では、ヨルダンでの妊娠中の薬物使用に関する学部生の知識を評価することを目的とした。

BACKGROUND: Knowledge of medication use during pregnancy presents a concern to pharmacists upon graduation since they will be responsible for drug related inquiries and counselling pregnant women about their medications. The present study aimed to assess undergraduate senior pharmacy students' knowledge about medication use during pregnancy in Jordan.

方法:

ヨルダンの大学を対象に横断的調査を実施した。調査には409名の上級薬学生が参加した。

METHODS: A cross-sectional survey was conducted in Jordanian universities. A total of 409 senior pharmacy students participated in the study.

結果:

その結果、大多数の学生(60.6%)が学部での学習を通して、妊娠中の薬について十分な指導を受けていないことがわかった。全体として、妊娠中の薬の使用に関する知識があると考えられる学生は2.5%にとどまり、大多数(52.6%)の学生は、将来的に妊婦に薬を勧める自信がないと考えられた。このことから、参加した学生からは、現在のカリキュラムに必修科目を追加することが提案された。国公立大学の学生、薬学博士課程の学生、6年目の学生は、他の学生に比べて知識が豊富であった(P>0.05)。

RESULTS: The results found that the majority of the students (60.6%) did not have enough instruction on medications during pregnancy through their undergraduate study. Overall, only 2.5% of the participating students were considered to have good knowledge about medicine use during pregnancy and accordingly the majority (52.6%) were not confident to recommend medicines for pregnant women in the future. In view of that, participating students suggested the addition of an obligatory course to the current curriculum. Students in public universities, Pharm.D. students, and those in their sixth year of study were more knowledgeable than others (P > 0.05).

結論:

薬学生は妊娠中の服薬に関する知識が低いと結論づけられた。この結果から、現在の薬学カリキュラムの再評価が求められている。

CONCLUSION: It was concluded that pharmacy students have low knowledge regarding medication use in pregnancy. The results call for a reassessment of the current pharmacy curriculum.

Copyright© Bentham Science Publishers; For any queries, please email at epub@benthamscience.net.