国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

神経疾患の新規治療ツールである遺伝子治療。現在の進捗状況、課題、今後の展望 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Gene Ther.2020 Jul;CGT-EPUB-108199. doi: 10.2174/1566523220999200716111502.Epub 2020-07-15.

神経疾患の新規治療ツールである遺伝子治療。現在の進捗状況、課題、今後の展望

Gene therapy, a novel therapeutic tool for neurological disorders: Current progress, challenges and future prospective.

  • Ashif Iqubal
  • Mohammad Kashif Iqubal
  • Aamir Khan
  • Javed Ali
  • Sanjula Baboota
  • Syed Ehtaishamul Haque
PMID: 32674730 DOI: 10.2174/1566523220999200716111502.

抄録

神経疾患は、社会経済的な負担が大きく、医療制度にとって大きな脅威となっています。すべての高齢者は、神経炎症、神経変性、認知機能障害などの症状を伴う1つまたは他の神経学的問題の影響を受けやすく、現在、利用可能な薬物療法は、これらの疾患の治療には不十分であり、ほとんどの場合、緩和的な治療にとどまる。現在のところ、これらの疾患を治療するための薬物療法は不十分であり、ほとんどの場合、緩和的な効果しか得られないと言われています。また、神経疾患の分子的な病因は、遺伝的、あるいは傷害、環境毒素、既存の疾患によって引き起こされる遺伝子の変化と直接関連していることが明らかになっています。したがって、このような状況に対処するために、遺伝子治療は、欠陥遺伝子の削除、サイレンシング、またはエディション、およびより健康的な遺伝子の挿入によって病気を恒久的に治癒することを主張する先進的な方法として登場しました。この治療法では、ベクター(ウイルス性および非ウイルス性)を用いて、様々な経路で脳の特定領域に標的遺伝子を導入します。現在、パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、リソソーム貯蔵疾患などの複雑な神経疾患に対して、遺伝子治療は良好な結果を示しています。しかし、免疫原性反応やウイルスベクターの非特異性、治療効果を把握するための有効なバイオマーカーがないなどの制約がある。ベクター設計、遺伝子選択、標的送達の改善にはかなりの進歩が見られる。本レビュー記事では、神経疾患における遺伝子治療の現状を、その臨床的関連性、課題、将来の展望とともに紹介する。

Neurological disorders are one of the major threat for health care system as it puts enormous socioeconomic burden. All aged population are susceptible to one or other neurological problems with symptoms of neuroinflammation, neurodegeneration and cognitive dysfunction. At present available pharmacotherapeutics are insufficient to treat these diseased conditions and in most cases they provide only palliative effect. It was also found that the molecular etiology of neurological disorders are directly linked with the alteration in genetic makeup which can be inherited or triggered by the injury, environmental toxins and by some existing disease. Therefore, to take care of this situation, gene therapy has emerged as an advanced modality that claims to permanently cure the disease by deletion, silencing or edition of faulty genes and by insertion of healthier genes. In this modality, vectors (viral and non-viral) are used to deliver targeted gene into a specific region of the brain via various routes. At present, gene therapy has shown positive outcomes in complex neurological disorders, such as Parkinson's disease, Alzheimer's disease, Huntington disease, Multiple sclerosis, Amyotrophic lateral sclerosis and in lysosomal storage disease. However, there are some limitations such as immunogenic reactions non-specificity of viral vectors and lack of effective biomarkers to understand the efficacy of therapy. Considerable progress has been made to improve vector design, gene selection and targeted delivery. This review article deals with the current status of gene therapy in neurological disorders along with its clinical relevance, challenges and future prospective.

Copyright© Bentham Science Publishers; For any queries, please email at epub@benthamscience.net.