国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

認知された害、使用動機、キノコの主観的な使用体験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Psychopharmacol. (Oxford).2020 Jul;:269881120936508. doi: 10.1177/0269881120936508.Epub 2020-07-17.

認知された害、使用動機、キノコの主観的な使用体験

Perceived harm, motivations for use and subjective experiences of recreational psychedelic 'magic' mushroom use.

  • Carl A Roberts
  • Isaac Osborne-Miller
  • Jon Cole
  • Suzanne H Gage
  • Paul Christiansen
PMID: 32674668 DOI: 10.1177/0269881120936508.

抄録

背景:

マジックキノコの実際の害についてのデータは、毒性や乱用の可能性は低いことを示唆しているが、法的にはそうではないことを示唆している。本研究では、マジックキノコの使用者とキノコを使用していない参加者との間で、マジックキノコの害についての認識を測定することを目的とした。また、キノコ使用者とキノコを使用していない参加者の効果に対する期待値の違いを観察し、使用動機が期待される効果を予測しているかどうかを観察した。

BACKGROUND: Data on actual harm of magic mushrooms suggest that toxicity and abuse potential is low, however, their legal status suggests otherwise. We aimed to gauge perception of harm of magic mushrooms in both users and mushroom-naïve participants. We also aimed to observe differences in expectations of effects between users and mushroom-naïve participants, and whether motivations for use predicted their expected effects.

方法:

魔法のキノコを使用した経験のあるポリドラッグ使用者73名と、キノコを使用していない78名の参加者を対象に、オンライン調査に回答してもらった。参加者には、10物質を危険度の高いものから危険度の低いものまでランク付けしてもらい、マジックキノコの効果期待度調査票を用いて効果期待度を質問した。また、マジックキノコを使用した動機についても質問した。

METHOD: In total, 73 polydrug users with experience of using magic mushrooms and 78 mushroom-naïve participants completed an online survey. We asked participants to rank a list of 10 substances from most dangerous to least dangerous and questioned them about expectation of effect using a modified magic mushroom expectation questionnaire. Users were asked about their motivations for using magic mushrooms.

結果:

両群とも、キノコはヘロイン、コカイン、処方された鎮痛剤、ガンマヒドロキシ酪酸(GHB)、エクスタシー、タバコ、アルコールよりも安全であると認識している。しかし、キノコを使用していないグループは、使用者グループよりもキノコの方が有意に危険であるとした。非使用者は、負の酩酊状態に陥る可能性が高いと報告しています。使用者は、接触作用、社会的作用、美的・気分的作用、知覚変化などの期待値が高いと報告した。最後に、キノコの使用に期待される効果は使用動機の違いと関連しており、例えば、個人的な心理療法のために使用する場合には、接触効果の増加と否定的な効果の減少が期待された。

RESULTS: Both groups perceive mushrooms to be safer than heroin, cocaine, prescription painkillers, gamma-hydroxybutyrate (GHB), ecstasy, tobacco and alcohol. However, the mushroom-naïve group ranked mushrooms as significantly more dangerous than the user group. Non-users reported greater expectancy for negative intoxication. Users reported greater expected entactogenic, prosocial, aesthetic and mood effects, and perceptual alterations. Finally, expectant effects of mushroom use were associated with different motivations for use, for example using for personal psychotherapy was associated with expectation of increased entactogenic effects and decreased negative effects.

結論:

我々のデータは、実際の害に関するデータと一致しているが、現在の法的分類とは異なる一般的な害の認識を示唆している。今後の臨床研究では、シロシビンの経験のない参加者の負の中毒性の期待値を管理する必要があるかもしれない。

CONCLUSION: Our data suggest a general perception of harm that is in line with data on actual harm, but at odds with current legal classifications. Future clinical investigations may require management of negative intoxication expectation of participants with no prior experience of psilocybin.