国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

筋力重視と弾道抵抗トレーニングプログラム後のベンチプレス性能と投球速度の変化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Sports Med Phys Fitness.2020 Jul;S0022-4707.20.11011-9. doi: 10.23736/S0022-4707.20.11011-9.Epub 2020-07-16.

筋力重視と弾道抵抗トレーニングプログラム後のベンチプレス性能と投球速度の変化

Changes in bench press performance and throwing velocity after strength-oriented and ballistic resistance training programs.

  • Jesualdo Cuevas-Aburto
  • Danica Janicijevic
  • Alejandro Perez-Castilla
  • Luis J Chirosa-Ríos
  • Amador García-Ramos
PMID: 32674535 DOI: 10.23736/S0022-4707.20.11011-9.

抄録

背景:

本研究の目的は、ベンチプレス(BP)のパフォーマンスとハンドボールの投球速度(HTV)に及ぼす2つの上半身レジスタンストレーニングプログラム(ストレングスオリエンテッドとバリスティック)の効果を比較することである。

BACKGROUND: This study aimed to compare the effect of two upper-body resistance training programs (strength-oriented vs. ballistic) on bench press (BP) performance and handball throwing velocity (HTV).

方法:

レジスタンストレーニングを行った30名の男性を、ストレングス志向のトレーニング群(STG)またはバリスティックトレーニング群(BTG)に無作為に割り付けた。研究は11セッションで構成された。プレテスト2回(1週目)、トレーニング8回(2~5週目)、ポストテスト1回(6週目)の計11回で構成された。STGは1反復最大(1RM)の70-90%でBPを行い、BTGは1RMの40%でBPを投げた。また、BTGでは1RMの40%でのBP投球を行いました。

METHODS: Thirty resistance-trained males were randomly assigned to a strength-oriented training group (STG) or a ballistic training group (BTG). The study consisted of 11 sessions: 2 pre-tests (week 1), 8 training sessions (weeks 2-5), and 1 post-test (week 6). The STG performed the BP at the 70-90% of the one-repetition maximum (1RM), and the BTG the BP throw at the 40% of 1RM. BP performance (BP 1RM and maximum velocity achieved against 20 kg [BP20]) and HTV were assessed before and after training.

結果:

STGはBP1RM(効果量[ES]=0.24)を向上させたが、BP20(ES =0.21)やHTV(ES =0.10)は向上させなかった。BTGはBP20(ES = 0.63)を増強したが、BP1RM(ES = 0.27)およびHTV(ES = 0.02)は増強しなかった。HTVはBP1RM(r ≤ 0.181)やBP20(r ≤ 0.220)と有意な相関は認められなかった。

RESULTS: The STG enhanced BP 1RM (effect size [ES] = 0.24) but not BP20 (ES = 0.21) or HTV (ES = 0.10). The BTG enhanced BP20 (ES = 0.63) but not BP1RM (ES = 0.27) or HTV (ES = 0.02). HTV was not significantly correlated with the BP 1RM (r ≤ 0.181) or BP20 (r ≤0.220).

結論:

これらの結果から、重負荷(ストレングス志向)と軽負荷(バリスティック)のいずれかに対してBP運動のみを行う短期RTプログラムは、ハンドボール経験の少ないレジスタンストレーニングを行った男性のHTVの向上には効果的ではないことが示唆されました。

CONCLUSIONS: These results indicate that a short-term RT program based exclusively on the BP exercise performed against either heavy (strength-oriented) or light loads (ballistic) is not effective to increase HTV in resistance-trained men with little handball experience.