会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

バスケットボール選手のスライドステップのスピード向上のための異なる活動後増強法(PAP)の使用について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2020 Jul;17(14). E5057. doi: 10.3390/ijerph17145057.Epub 2020-07-14.

バスケットボール選手のスライドステップのスピード向上のための異なる活動後増強法(PAP)の使用について

The Use of Different Modes of Post-Activation Potentiation (PAP) for Enhancing Speed of the Slide-Step in Basketball Players.

  • Mariola Gepfert
  • Artur Golas
  • Tomasz Zajac
  • Michal Krzysztofik
PMID: 32674351 DOI: 10.3390/ijerph17145057.

抄録

:本研究の目的は、5%の質量制限または補助コンディショニング活動(CA)が5mのスライドステップ運動のパフォーマンスを向上させることができるかどうかを明らかにすることである。実験は、無作為化クロスオーバーデザインに従って実施され、各参加者は、各参加者が、体重外部負荷の5%の体重で10mのスライドステップ運動を4セット行い、その間に1分間の休息間隔を置くことで構成される、アシスト付きCAとレジステッドCAの2つの異なる運動プロトコルを実行しました。ベースラインとアシスト後、およびレジスタンス後のCAの違いを評価するために、参加者は各CAプロトコルの6分後に2×5mのスライドステップ運動を行った。ベースライン、アシスト後、レジスタンス後のCA間の時間差を反復測定ANOVAを用いて検討した:ANOVAは、ベースラインとアシスト後の活性化後パフォーマンス向上(PAPE)の間に統計的に有意な差を示した(=0.011)。本研究の結果は,軽負荷アシスト CA(体重の 5%)がバスケットボール選手の増強反応を効果的に誘発することを示している.

: This study aimed to determine whether 5% of body mass-resisted or assisted conditioning activity (CA) can enhance 5 m slide-step movement performance. : Sixteen division I basketball players participated in this study (23.6 ± 4.4 years; 86.3 ± 5.9 kg; 192.3 ± 6.2 cm; training experience 6.7 ± 2.6 years). The experiment was performed following a randomized crossover design, where each participant performed two different exercise protocols-assisted and resisted CA each consisting of four sets of 10 m slide-step movement with 5% of body mass external load and 1 min rest intervals between. To assess the differences between baseline and post-assisted, as well as post-resisted CA, the participants performed a 2 × 5 m slide-step movement 6 min after each CA protocol. The differences in time between baseline, post-assisted and post-resisted CA were examined using repeated-measures ANOVA. : ANOVA indicated a statistically significant difference between baseline and post-assisted postactivation performance enhancement (PAPE) ( = 0.011). There were no significant intragroup differences between baseline and post-resisted CA ( = 0.230). : Findings of the study show that a light load assisted CA (5% of body mass) effectively elicits a potentiation response among basketball players.