国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

腫瘍細胞腫とクロモフォビー腎細胞がんの中間的な特徴を持つ散発性腫瘍:包括的な臨床病理学的およびゲノムプロファイリング | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Hum. Pathol..2020 Jul;S0046-8177(20)30126-X. doi: 10.1016/j.humpath.2020.07.003.Epub 2020-07-13.

腫瘍細胞腫とクロモフォビー腎細胞がんの中間的な特徴を持つ散発性腫瘍:包括的な臨床病理学的およびゲノムプロファイリング

Sporadic Oncocytic Tumors with Features Intermediate between Oncocytoma and Chromophobe Renal Cell Carcinoma: Comprehensive Clinico-Pathological and Genomic Profiling.

  • Yajuan J Liu
  • Cigdem Ussakli
  • Tatjana Antic
  • Yuhua Liu
  • Yu Wu
  • Lawrence True
  • Maria S Tretiakova
PMID: 32673684 DOI: 10.1016/j.humpath.2020.07.003.

抄録

背景:

腎腫瘍細胞腫(RO)とその悪性腫瘍であるクロモフォビー腎細胞がん(ChRCC)の形態、臨床的挙動、およびゲノムプロファイルは明らかに異なっている。しかしながら、典型的なROと好酸球性細胞質を有するChRCCとの間には、形態学的および免疫組織化学的に不可解な程度の重複が見られるだけでなく、特異なハイブリッド表現型を有する散発性腫瘍のかなりのグループが存在している。本研究の目的は、これらのハイブリッド腫瘍の詳細な特徴付けを行うことである。

BACKGROUND: Morphology, clinical behavior, and genomic profiles of renal oncocytoma (RO) and its malignant counterpart chromophobe renal cell carcinoma (ChRCC) are distinctly different. However, there is a substantial group of sporadic oncocytic tumors with peculiar hybrid phenotypes as well as a perplexing degree of morphologic and immunohistochemical overlap between classic RO and ChRCC with eosinophilic cytoplasm. The aim of this study is to provide detailed characterization of these hybrid tumors.

デザイン:

2施設からの形態が曖昧な散発性腫瘍細胞性新生物38例を4名の病理医がレビューした。CKIT陽性を選択基準とした。CK7およびS100A1免疫染色および詳細な形態学的特徴を細胞遺伝学的プロファイルと相関させた。FFPE組織からDNAを抽出し、細胞遺伝学的マイクロアレイ解析(CMA)を用いて解析し、コピー数の変化と多型性を評価した。

DESIGN: Thirty eight sporadic oncocytic neoplasms with ambiguous morphology from two institutions were reviewed by 4 pathologists. CKIT positivity was used as a selection criterion. We correlated CK7 and S100A1 immunostaining and detailed morphologic features with cytogenetic profiles. DNA from the FFPE tissues was extracted and analyzed using Cytogenomic Microarray Analysis (CMA) to evaluate copy number alterations and ploidy.

結果:

CMAでは、症例を3つのグループに分類した。RO(N=21)、ROバリアント(N=7)、ChRCC(N=10)の3群に分類した。細胞遺伝学的にROでは、CNAがない(48%)か、1p、X、Y染色体の喪失(52%)のいずれかであった。RO変異体は、追加の染色体損失[-9q、-14(n=2)、-13]と染色体増加[+1q(n=2)、+4、+7(n=2)、+13、+19、+20、および+22]を有していた。ChRCCは、多数の単染色体を有する二倍体(40%)または複数の相対的損失を有する二倍体(60%)のいずれかであった。RO、RO変異体およびChRCC群は、腫瘍の構造(p<0.01)、ストロマ(p=0.013)、核のしわ、核周囲ハローの存在、および5%以上の細胞における明瞭な細胞境界の存在(p<0.01)、巣状細胞のクリアリング(p=0.048)、およびCK7発現(p<0.02)において有意に異なっていた。2つのカテゴリー(良性ROまたは悪性ChRCC)のみを用いた細胞遺伝学的サブタイプの病理学的予測では、細胞遺伝学に基づいてChRCCである腫瘍の最大40%をオーバーコールまたはアンダーコールすることがわかった。この知見は、いわゆるハイブリッド腫瘍(HOCT)という中間的な診断カテゴリーの根拠を提供している。HOCTは細胞遺伝学的RO-バリアントに富む不均一なグループであった。他のHOCTはROまたはChRCCのいずれかのプロファイルを有する。

RESULTS: CMA categorized cases into 3 groups: RO (N=21), RO variant (N=7) and ChRCC (N=10). Cytogenetic RO had either no CNA (48%) or loss of chromosome 1p, X or Y (52%). RO-variant had additional chromosomal losses [-9q, -14 (n=2), -13] and chromosomal gains [+1q (n=2), +4, +7 (n=2), +13, +19, +20, and +22]. ChRCC were either hypodiploid with numerous monosomies (40%) or hypotetraploid with multiple relative losses (60%). RO, RO-variant and ChRCC groups differed significantly in tumor architecture (p<0.01), stroma (p=0.013), presence of nuclear wrinkling, perinuclear halos and well-defined cell borders in >5% cells (p<0.01), focal cell clearing (p=0.048) and CK7 expression (p<0.02). Pathologic prediction of cytogenetic subtype using only two categories (benign RO or malignant ChRCC) would overcall or undercall up to 40% of tumors that were ChRCC based on cytogenetics. This finding provides the rationale for an intermediate diagnostic category of so-called hybrid tumors (HOCT). HOCT was a heterogeneous group enriched for cytogenetic RO-variant. Other HOCTs have a profile of either RO or ChRCC.

結論:

ゲノムプロファイルにより、形態が曖昧な癌細胞性腫瘍をRO、RO変異型およびChRCCに分類することができる。いくつかの建築的および細胞学的特徴とCK7発現の組み合わせは、細胞遺伝学的にRO、RO変異型またはChRCC腫瘍と有意に関連している。全ゲノム内重複による2倍多型は好酸球性ChRCCでは一般的な現象である。

CONCLUSIONS: Genomic profile allows classification of oncocytic tumors with ambiguous morphology into RO, RO-variant and ChRCC. Several architectural and cytologic features combined with CK7 expression are significantly associated with cytogenetic RO, RO-variant or ChRCC tumors. Doubled hypodiploidy by whole genome endoduplication is a common phenomenon in eosinophilic ChRCC.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.