国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

オピオイド使用障害に対するブプレノルフィン投薬。産後の治療継続と関連する因子の研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Addict.2020 Jul;doi: 10.1111/ajad.13084.Epub 2020-07-16.

オピオイド使用障害に対するブプレノルフィン投薬。産後の治療継続と関連する因子の研究

Buprenorphine Medication for Opioid Use Disorder: A Study of Factors Associated With Postpartum Treatment Retention.

  • Shona Ray-Griffith
  • Emily Tharp
  • Jessica L Coker
  • David Catlin
  • Bettina Knight
  • Zachary N Stowe
PMID: 32673447 DOI: 10.1111/ajad.13084.

抄録

背景および目的:

オピオイド使用障害(OUD)を有する妊婦におけるオピオイド使用障害(MOUD)治療の継続に関連する因子はほとんど知られていない。本研究では、産後の治療継続に関連する因子の特徴を明らかにしようとした。

BACKGROUND AND OBJECTIVES: The factors associated with medication for opioid use disorder (MOUD) treatment retention among pregnant women with opioid use disorder (OUD) are largely unknown. This study sought to characterize factors associated with postpartum treatment retention.

方法:

ブプレノルフィンで治療された妊娠中のOUDを有する女性を対象に、2014年から2017年までのレトロスペクティブなカルテレビューを実施した。女性は、産後 10~14 週以内に予約に出席した場合、治療継続群に割り付けられた。その他の女性はドロップアウト群に割り付けられた。社会統計学的変数、産科および新生児の転帰、臨床的および主観的なオピオイド離脱症状、ブプレノルフィンの投与量、尿薬物毒性(UDT)の結果、およびその他の因子について二変量解析を用いて両群を比較した。

METHODS: A retrospective chart review from 2014 to 2017 was conducted among women with OUD in pregnancy treated with buprenorphine. Women were assigned to the treatment retention group if they attended an appointment within 10 to 14 weeks postpartum. Others were assigned to the dropout group. The groups were compared using bivariate analysis for sociodemographic variables, obstetrical and neonatal outcomes, clinical and subjective opioid withdrawal symptoms, buprenorphine dosage, urine drug toxicology (UDT) results, and other factors.

結果:

合計64例の妊娠が出産まで治療を受け、47例(73.1%)が産後12週までに治療を継続した。治療脱落群では、分娩時のブプレノルフィン投与量が少なく、ベンゾジアゼピン陽性UDTの割合が高く、第3期のベンゾジアゼピン陽性UDTの数が多かった。母乳育児率は治療継続群で高かった。

RESULTS: A total of 64 pregnancies received treatment until delivery, and 47 (73.1%) were retained in treatment by 12 weeks postpartum. The treatment dropout group had lower buprenorphine doses at delivery, a higher percentage of benzodiazepine positive UDT, and number of UDT positive for benzodiazepine in the third trimester. Breastfeeding rates were higher in the treatment retention group.

結論と結論:

周産期のMOUDに関するガイドラインを提供し、母体と胎児の幸福を最適化するために、産後の治療継続に関連する変数の今後の研究が必要である。

DISCUSSION AND CONCLUSIONS: Future research of variables related to postpartum treatment retention is needed to provide guidelines regarding MOUD during the perinatal period and to optimize maternal and fetal well-being.

科学的意義:

この研究は、強迫性障害を持つ妊婦の離脱症状を積極的に治療することが治療の継続性を最大化するために必要であるという以前の推奨を支持するものである。これは、母乳育児が産後の治療継続と関連していることを発見した最初の研究である;一方、妊娠中のベンゾジアゼピンの使用の増加は、産後の治療の脱落と関連していた。(Am J Addict 2020;00:00-00)。

SCIENTIFIC SIGNIFICANCE: This study supports previous recommendations that aggressive treatment of withdrawal symptoms in pregnant women with OUD is needed to maximize treatment retention. This is the first study to find that breastfeeding was associated with postpartum treatment retention; while, increased use of benzodiazepines during pregnancy was associated with postpartum treatment dropout. (Am J Addict 2020;00:00-00).

© 2020 American Academy of Addiction Psychiatry.