国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

中国における緊急のメンタルヘルスニーズを緩和するためのモバイル技術の可能性。ウェブベースの調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JMIR Mhealth Uhealth.2020 Jul;8(7):e16215. v8i7e16215. doi: 10.2196/16215.Epub 2020-07-07.

中国における緊急のメンタルヘルスニーズを緩和するためのモバイル技術の可能性。ウェブベースの調査

Potential of Mobile Technology to Relieve the Urgent Mental Health Needs in China: Web-Based Survey.

  • Yuxi Tan
  • Ziwei Teng
  • Yan Qiu
  • Hui Tang
  • Hui Xiang
  • Jindong Chen
PMID: 32673239 DOI: 10.2196/16215.

抄録

背景:

情報技術とモバイル機器の急速な発展に伴い、モバイル医療サービスやプラットフォームが増加しています。しかし、現在の中国のメンタルヘルス事情は、多くの課題と機会に直面している中で、より患者中心のサービスを提供するにはどうすればよいのか、さらなる議論と研究が必要である。

BACKGROUND: With the rapid development of information technology and mobile devices, an increasing number of mobile medical services and platforms have emerged. However, China's current mental health situation necessitates further discussion and research on how to provide more patient-centered services in the face of many challenges and opportunities.

目的:

本研究は、モバイルメンタルヘルスサービスに関するメンタルヘルスサービスの利害関係者の態度や嗜好を探り、中国のモバイル技術開発者が直面している課題と機会について議論することを目的としている。

OBJECTIVE: This study aims to explore the attitudes and preferences of mental health service stakeholders regarding mobile mental health services and discuss the challenges and opportunities faced by mobile technology developers in China.

方法:

インターネット電子調査の結果報告のためのチェックリスト(CHERRIES)のチェックリストに沿って、ウェブベースの調査を実施した。有効回答数は586件であった。回答者には、患者またはその家族 184 名、精神保健の専門家 225 名、一般集団 177 名が含まれていました。データ分析は、SPSS 24.0を用いて行った。

METHODS: A web-based survey was conducted by following the Checklist for Reporting Results of Internet E-Surveys (CHERRIES) checklist. A total of 586 valid questionnaires were collected. Respondents included 184 patients or their family members, 225 mental health professionals, and 177 people from the general population. Data analysis was completed using SPSS 24.0.

結果:

現在のメンタルヘルス医療環境について感じている様々な問題点の中では、「適切な心理士を見つけるのが難しい」「受診時間が限られている」が上位にランクインしている。ソーシャルメディア(n=380/586、64.9%)が最も好まれているプラットフォームであるのに対し、専門家はスマートフォンアプリ(n=169/225、75.1%)を好む傾向が見られた。専門家による指導、心理相談、メンタルヘルス教育(上位3位)が最も一般的に認識されたニーズであった。精神保健の専門家は一般的に、治療に関連したモバイルメンタルヘルスサービスのニーズ、特に服薬リマインダー(χ=70.7; P<.001)、症状モニタリング(χ=24.0; P<.001)、メンタルヘルスリソースへのアクセス(χ=38.6; P<.001)をより重視していました。しかし、患者とその家族は、便利なウェブベースの処方箋(χ=7.7; P=.02)をより重視しており、一般住民はウェブベースの心理相談(χ=23.1; P<.001)とメンタルヘルスに関する知識(χ=9.1; P=.01)に関心を持っていた。参加者のほぼ半数が、モバイル・メンタルヘルスサービスを非常に受け入れ可能と考えているか、その利用を支持しているが、モバイル・メンタルヘルスサービスが非常に役立つかもしれないと考えている参加者は30%未満であった。モバイルメンタルヘルスに関する懸念は、主に情報セキュリティに焦点が当てられていました。サービスを受ける側もコンテンツの質や専門性を疑い、メンタルヘルスの専門家は医療の安全性だけでなく、時間やエネルギーの消費を心配していました。

RESULTS: Among the various problems perceived regarding the current mental health medical environment, difficulty in finding appropriate psychologists and limited visit times ranked highest. Social media (n=380/586, 64.9%) was the most preferred platform among all participants, whereas professionals showed a higher preference for smartphone apps (n=169/225, 75.1%). Professional instruction, psychological consultation, and mental health education (ranked top 3) were the most commonly identified needs. Mental health professionals generally emphasized more on treatment-related mobile mental health service needs, especially medication reminders (χ=70.7; P<.001), symptom monitoring (χ=24.0; P<.001), and access to mental health resources (χ=38.6; P<.001). However, patients and their family members focused more on convenient web-based prescriptions (χ=7.7; P=.02), with the general population interested in web-based psychological consultation (χ=23.1; P<.001) and mental health knowledge (χ=9.1; P=.01). Almost half of the participants regarded mobile mental health services as highly acceptable or supported their use, but less than 30% of participants thought mobile mental health services might be very helpful. Concerns about mobile mental health mainly focused on information security. Service receivers also suspected the quality and professionalism of content, and mental health professionals were worried about time and energy consumption as well as medical safety.

結論:

サービスフローの面では、モバイルサービスを利用することで、サービス時間を拡大し、診断前と診断後の効率を向上させることができる。さまざまなメンタルヘルス関係者のさまざまなニーズを満たすために、より個別化された、より受け入れやすい形のモバイル・メンタルヘルス サービスの内容を開発すべきである。より総合的なサービスチームの統合と協力を促進するために、学際的な訓練とコミュニケーションを取り入れることができる。標準的な医療記録システムとデータ形式は、将来のインテリジェントな医療の発展をより促進するであろう。サービスの質の確保、安全リスクの解決、モバイルサービスと通常の医療ワークフローとのより良い統合などの問題にも取り組む必要がある。

CONCLUSIONS: In terms of service flow, mobile services could be used to expand service time and improve efficiency before and after diagnosis. More individualized mobile mental health service content in more acceptable forms should be developed to meet the various needs of different mental health stakeholders. Multidisciplinary training and communication could be incorporated to facilitate the integration and cooperation of more well-rounded service teams. A standard medical record system and data format would better promote the development of future intelligent medical care. Issues such as ensuring service quality, solving safety risks, and better integrating mobile services with regular medical workflows also need to be addressed.

©Yuxi Tan, Ziwei Teng, Yan Qiu, Hui Tang, Hui Xiang, Jindong Chen. Originally published in JMIR mHealth and uHealth (http://mhealth.jmir.org), 07.07.2020.