国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

急性骨髄性白血病に対する同種造血幹細胞移植後のソラフェニブ維持療法-内部タンデム重複変異を有する急性骨髄性白血病(SORMAIN) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Clin. Oncol..2020 Jul;:JCO1903345. doi: 10.1200/JCO.19.03345.Epub 2020-07-16.

急性骨髄性白血病に対する同種造血幹細胞移植後のソラフェニブ維持療法-内部タンデム重複変異を有する急性骨髄性白血病(SORMAIN)

Sorafenib Maintenance After Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Acute Myeloid Leukemia With -Internal Tandem Duplication Mutation (SORMAIN).

  • Andreas Burchert
  • Gesine Bug
  • Lea V Fritz
  • Jürgen Finke
  • Matthias Stelljes
  • Christoph Röllig
  • Ellen Wollmer
  • Ralph Wäsch
  • Martin Bornhäuser
  • Tobias Berg
  • Fabian Lang
  • Gerhard Ehninger
  • Hubert Serve
  • Robert Zeiser
  • Eva-Maria Wagner
  • Nicolaus Kröger
  • Christine Wolschke
  • Michael Schleuning
  • Katharina S Götze
  • Christoph Schmid
  • Martina Crysandt
  • Eva Eßeling
  • Dominik Wolf
  • Ying Wang
  • Alexandra Böhm
  • Christian Thiede
  • Torsten Haferlach
  • Christian Michel
  • Wolfgang Bethge
  • Thomas Wündisch
  • Christian Brandts
  • Susanne Harnisch
  • Michael Wittenberg
  • Heinz-Gert Hoeffkes
  • Susanne Rospleszcz
  • Alexander Burchardt
  • Andreas Neubauer
  • Markus Brugger
  • Konstantin Strauch
  • Carmen Schade-Brittinger
  • Stephan K Metzelder
PMID: 32673171 DOI: 10.1200/JCO.19.03345.

抄録

目的:

同種造血幹細胞移植(HCT)を受けたにもかかわらず、チロシンキナーゼ3遺伝子(ITD)に内部タンデム重複変異を有する急性骨髄性白血病(AML)患者は、予後が悪く、再発が多く、AMLの結果として死亡することが多い。マルチターゲットチロシンキナーゼ阻害薬ソラフェニブのようなFLT3阻害薬を用いた維持療法がHCT後の予後を改善するかどうかは、現在のところ不明である。

PURPOSE: Despite undergoing allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (HCT), patients with acute myeloid leukemia (AML) with internal tandem duplication mutation in the like tyrosine kinase 3 gene (ITD) have a poor prognosis, frequently relapse, and die as a result of AML. It is currently unknown whether a maintenance therapy using FLT3 inhibitors, such as the multitargeted tyrosine kinase inhibitor sorafenib, improves outcome after HCT.

患者および方法:

無作為化プラセボ対照二重盲検第II相試験(SORMAIN; Germany Clinical Trials Register: DRKS00000591)では、HCT後に血液学的に完全寛解したITD陽性AML患者83人の成人患者が、マルチターゲットチロシンキナーゼ阻害薬ソラフェニブ(n = 43)またはプラセボ(n = 40)のいずれかを24カ月間投与されるように無作為に割り付けられました。無再発生存期間(RFS)を本試験の主要エンドポイントとした。再発とは、再発または死亡のいずれかが先に発生したものと定義された。

PATIENTS AND METHODS: In a randomized, placebo-controlled, double-blind phase II trial (SORMAIN; German Clinical Trials Register: DRKS00000591), 83 adult patients with ITD-positive AML in complete hematologic remission after HCT were randomly assigned to receive for 24 months either the multitargeted and FLT3-kinase inhibitor sorafenib (n = 43) or placebo (n = 40 placebo). Relapse-free survival (RFS) was the primary endpoint of this trial. Relapse was defined as relapse or death, whatever occurred first.

結果:

追跡期間中央値41.8ヵ月で、ソラフェニブ群とプラセボ群の再発または死亡のハザード比(HR)は0.39(95%CI、0.18~0.85;ログランク=0.013)であった。24ヵ月のRFS確率はプラセボ群で53.3%(95%CI、0.36~0.68)、ソラフェニブ群で85.0%(95%CI、0.70~0.93)であった(HR、0.256;95%CI、0.10~0.65;log-rank = 0.002)。探索的データは、HCT前に検出不能な最小残存病変(MRD)を有する患者とHCT後に検出可能なMRDを有する患者がソラフェニブから最も強い効果を得ることを示している。

RESULTS: With a median follow-up of 41.8 months, the hazard ratio (HR) for relapse or death in the sorafenib group versus placebo group was 0.39 (95% CI, 0.18 to 0.85; log-rank = .013). The 24-month RFS probability was 53.3% (95% CI, 0.36 to 0.68) with placebo versus 85.0% (95% CI, 0.70 to 0.93) with sorafenib (HR, 0.256; 95% CI, 0.10 to 0.65; log-rank = .002). Exploratory data show that patients with undetectable minimal residual disease (MRD) before HCT and those with detectable MRD after HCT derive the strongest benefit from sorafenib.

結論:

ソラフェニブ維持療法は、ITD陽性AMLに対する造血幹細胞移植後の再発と死亡のリスクを減少させる。

CONCLUSION: Sorafenib maintenance therapy reduces the risk of relapse and death after HCT for ITD-positive AML.