国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

臨床的に重要な親密なパートナーからの暴力に対する高感度および特異性のスクリーニング | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Fam Psychol.2020 Jul;2020-51524-001. doi: 10.1037/fam0000781.Epub 2020-07-16.

臨床的に重要な親密なパートナーからの暴力に対する高感度および特異性のスクリーニング

High sensitivity and specificity screening for clinically significant intimate partner violence.

  • Richard E Heyman
  • Katherine J W Baucom
  • Shu Xu
  • Amy M Smith Slep
  • Jeffery D Snarr
  • Heather M Foran
  • Michael F Lorber
  • Alexandra K Wojda
  • David J Linkh
PMID: 32673030 DOI: 10.1037/fam0000781.

抄録

米国予防サービスタスクフォースは、臨床医が患者に親密なパートナーからの暴力(IPV)のスクリーニングを行うことを推奨している。本論文は、臨床的に有意な身体的・心理的IPV(すなわち、国際疾病分類(第11版;ICD-11;世界保健機構、2019年)および(第5版;DSM-5;米国精神医学会、2013年)の基準を満たす行為)に対する最初のスクリーナーを開発し、試験することを目的としている。目標は、(1)高い感度と特異度を達成しつつも、最大限に短時間であること、(2)男女のどちらかが報告している場合に加害者と被害者を評価すること、(3)ICD-11/基準を参照基準として使用すること、のスクリーナーを導出することであった。世界82施設の現役軍人の無作為サンプルを電子メールで招待した(2006年:=54,543人、2008年:=48,909人);無報酬の長期一般集団調査の回答率は優れていた(2006年:44.7%、2008年:49.0%)。参加施設の配偶者の母集団は、はがきで招待された(2006年:=19,722人、2008年:=12,127人、回答率2006年:12.3%、2008年:10.8%)。臨床的に重要な身体的な親密なパートナーからの暴力は、わずか4つの項目で効果的にスクリーニングすることができ、感度は90%以上、特異度は95%以上であるが、臨床的に重要な心理的な親密なパートナーからの暴力は2つの項目でスクリーニングすることができる。臨床的に重要な心理的親密なパートナーからの暴力は、2つの項目でスクリーニングすることができます。(PsycInfo Database Record (c) 2020 APA, all rights reserved)。

The U.S. Preventive Services Task Force has recommended that clinicians screen patients for intimate partner violence (IPV). This article aims to develop and test the first screeners for clinically significant physical and psychological IPV (i.e., acts meeting criteria in the International Classification of Diseases (11th ed.; ICD-11; World Health Organization, 2019) and the (5th ed.; DSM-5; American Psychiatric Association, 2013). The goal was to derive screeners that (1) are maximally brief, while still achieving high sensitivity and specificity; (2) assess perpetration and victimization when either men or women are reporting; and (3) use ICD-11/ criteria as the reference standard. Random samples of active duty service members at 82 installations worldwide were obtained via e-mail invitation (2006: = 54,543; 2008: = 48,909); their response rates were excellent for long general population surveys with no payment (2006: 44.7%, 2008: 49.0%). The population of spouses at the participating installation was invited by mailed postcard (2006: = 19,722; 2008: = 12,127; response rates-2006: 12.3%, 2008: 10.8%). Clinically significant physical intimate partner violence can be effectively screened with as few as four items, with sensitivities > 90% and specificities > 95%; clinically significant psychological intimate partner violence can be screened with two items. Men and women can be screened with equivalent accuracy, as can those committing the violence and those victimized by it. (PsycInfo Database Record (c) 2020 APA, all rights reserved).